唐古・鍵遺跡

マーカーは唐古・鍵遺跡案内板です。

唐古・鍵遺跡
[唐古・鍵遺跡(からこ・かぎいせき)は、奈良盆地中央部、標高約48メートル前後の沖積地奈良県磯城郡田原本町大字唐古及び大字鍵に立地する弥生時代環濠集落遺跡。
現段階の調査で認知されている遺跡面積は約30万平方メートル。規模の大きさのみならず、大型建物の跡地や青銅器鋳造炉など工房の跡地が発見され、話題となった。 1901 年(明治 34 年)、高橋健自が『大和考古雑録』の中で「磯城郡川東村大字鍵の遺跡」として紹介した事を始め、全国からヒスイ土器などが集まる一方、銅鐸の主要な製造地でもあったと見られ、弥生時代の日本列島内でも重要な勢力の拠点があった集落ではないかと見られている。 1999 年(平成 11 年)に国の史跡に指定され、ここから出土した土器に描かれていた多層式の楼閣が遺跡内に復元されている。
2004 年(平成 16 年)11月24日、田原本青垣生涯学習センター 2 階に「唐古・鍵考古学ミュージアム」を開設し、出土品などの展示を行っている。
2018 年(平成 30 年)に周辺が唐古・鍵遺跡史跡公園として整備された。また同時期に「道の駅レスティ唐古・鍵」が開業している。
発掘調査
1936 年(昭和 11 年)から 1937 年(昭和 12 年)にかけて、唐古池から道路工事用の泥土を採取した折に土器や木片などが発見された。1937 年(昭和 12 年)に発掘調査が行われて以降、間に中断はあるものの 5 期で 100 次以上の発掘調査が行われ、多数の竪穴と土器や石器などが発見された。
主な遺構
弥生時代中期初頭の大型建物跡を検出。
●銅鐸の工房跡ではないかとみられる弥生時代の青銅器鋳造炉跡の検出。
  ●北地区から弥生時代前期の木棺墓を2基検出。
  ●井戸跡
  ●大環濠帯跡
  ●南地区東南部側の環濠付近から大環濠集落成立以前(弥生時代中期初頭)の方形周溝墓
主な遺物
大阪府西部・滋賀県南部・三重県から愛知県西部・岡山県南部など各地の搬入土器が出土。
木棺墓1基から弥生人の成人男性の人骨を検出。
●絵を描いた土器が多数出土。そのうちの二つの土器の破片に「楼閣」が描かれている。楼閣とは、 2 階建て以上の高い建物のこと。巻き込んだ屋根飾りを付けた建物が6棟あり、格式の高い建物である。その中でも「楼閣」は巻き込んだ屋根飾りがたくさん付いているので一番格式の高い建物であることが推測できる。建物の絵を描いた土器は西日本の各地で 46 例見つかっており、そのうち 15 例がこの遺跡から出土した土器で、屋根飾りを付けた建物の絵はこの遺跡で 6 例、隣村の清水風(天理市)で 1 例あるのみ。
●絵画土器 – 弥生土器にヘラ状の道具で描いた線刻画。弥生時代後半、近畿地方を中心に出土する。最多出土が本遺跡で300点。次いで清水風遺跡約50点。祭祀用の土器と考えられている。水壺・酒壺などの液体貯蔵用土器に描かれている。画題は、建物・人物・鹿など。
●大型勾玉が2個入った褐鉄鉱(かつてっこう)容器が出土。
●ヒスイ製勾玉(新潟県糸魚川市周辺のものが原料)
石庖丁(いしぼうちょう)
●木製農耕具
●埋没古墳の検出。前方後円墳
●動物遺体(イノシシ、イヌ、ブタ)
●銅鐸片・銅塊・銅滓・鋳型の外枠・送風管・被熱土器片。
唐古・鍵遺跡史跡公園・wikipedia-photo、復元楼閣・wikipedia-photo  (wikipedia・唐古・鍵遺跡より)]

唐古・鍵遺跡史跡公園の公式ホームページ」 – 「公園マップ

唐古・鍵 総合サイト/田原本町

唐古・鍵遺跡 – 全国遺跡報告総覧」「唐古・鍵遺跡I 範囲確認調査 – 全国遺跡報告総覧

唐古・鍵遺跡 史跡公園 – Google Map 画像リンク」「復元楼閣 – Google Map 画像リンク」「展望デッキ – Google Map 画像リンク」「唐古池 – Google Map 画像リンク

カメラ位置は唐古・鍵遺跡 史跡公園案内板前で、カメラ南東方向に復元楼閣があります。

復元楼閣前のストリートビューです。

展望デッキ前のストリートビューです。カメラ南南西方向の唐古・鍵池は江戸時代につくられ唐古・鍵遺跡周辺は田圃となっています。