村屋坐弥冨都比売神社

マーカーは村屋坐弥冨都比売神社です。

村屋坐弥冨都比売神社
[村屋坐弥冨都比売神社(むらやにますみふつひめじんじゃ)は、奈良県磯城郡田原本町にある神社である。式内大社で、旧社格は県社。大和三道の一つ「中つ道」(橘街道)に面して鎮座している。
三穂津姫命(別名 弥富都比売神)を主祭神とし、大物主命を配祀する。三穂津姫命は大国主命の后神であり、記紀神話では大物主と大国主は同神としている。大物主命は大神神社の祭神であり、その后神を祀る当社はその別宮とされる。
創立の年代は不詳である。天武天皇元年( 673 年)の壬申の乱のとき、村屋神が大海人皇子方の大伴吹負に「敵が来るので中つ道を防げ」と神託をした功績により神階が授与されたとの記述が『日本書紀』にある。神階の授与の記事はこれが初出である。大倭国正税帳(正倉院文書)や新抄格勅符抄の記載によると度々朝廷から神封の寄進があった。延喜式神名帳では大社に列しており、月次相嘗新嘗奉幣に預ると記されている。
昭和 2 年( 1926 年)に県社に昇格した。
本殿・wikipedia-photo、一の鳥居・wikipedia-photo、二の鳥居・wikipedia-photo、拝殿・wikipedia-photo  (wikipedia・村屋坐弥冨都比売神社より)]

村屋神社(むらやじんじゃ)/田原本町」「村屋神社の社そう/田原本町

村屋坐彌冨都比賣神社 – Google Map 画像リンク」「村屋坐彌冨都比賣神社-2 – Google Map 画像リンク」「久須須美神社(田原本町蔵堂) – Google Map 画像リンク」「物部神社 – Google Map 画像リンク

村屋坐弥冨都比売神社参道前のストリートビューです。

村屋坐弥冨都比売神社拝殿前のストリートビューです。