浄福寺

マーカーは浄福寺です。

浄福寺
[浄福寺は、奈良県磯城郡田原本町にある融通念仏宗の寺。寺伝によると元亀二年( 1571 年)の開基で、僧快運の中興という。初瀬川の東岸、蔵堂集落西の入り口にひときわ目立つ御堂が建つ。これが浄福寺本堂である。下層方形、上層六角の建築物であり、慶応二年( 1866 年) 6 月 24 日の棟札がある。本尊は、阿弥陀如来座像で鎌倉時代後期の作。
浄福寺は、本来は「東浄福寺」「西浄福寺」の二寺があり、本寺は「東浄福寺」である。なお、京都府和束町石寺の青蓮寺跡に残されている古鐘(永享十年( 1438 年))に「大和州城下郡常福寺」の銘が刻んでおり、もと本寺に伝来していたものという。  (「浄福寺/田原本町」より)]

浄福寺の阿弥陀三尊像
[木造阿弥陀如来及両脇侍像は、大字蔵堂の浄福寺に安置されている。中尊の阿弥陀如来、両脇侍観音菩薩勢至菩薩から成る。阿弥陀(写真中央)は来迎印を結び、観音(向かって右)は片膝を立て両手で蓮台を捧げ、勢至(向かって左)はひざまずいて合掌する。この姿は、臨終を迎える者のもとに極楽浄土から阿弥陀三尊が迎えに来た場面を現している。県内での坐像形式の来迎彫刻は珍しく貴重であるとともに、彫刻史上においても高い価値を持つ。  (「浄福寺の阿弥陀三尊像/田原本町」より)]

田原本町蔵堂の浄福寺 | 奈良の宿大正楼

浄福寺 – Google Map 画像リンク

浄福寺山門前のカメラで、カメラ北西方向に浄福寺案内板があります。

浄福寺本堂前のストリートビューです。