鍵の蛇巻

マーカーは鍵の蛇巻です。

鍵の蛇巻
[農作物の豊作を祈るとともに、男の子の成人を祝う節句行事。毎年 6 月の第一日曜日(旧暦のときは 5 月 5 日の男の節句の日)に蛇の形をした長さ18mの蛇綱を、新わらで作り、 13 歳から 15 歳の男の子が蛇綱の頭を担ぎ、年下の男の子と、当屋の男たちが胴を持って、村中の家々を大声で「おめでとう」と言って、祝福して回る。  (「下ツ道沿線ガイドマップ_2 – ページ4 – 奈良県」より)]

[毎年 6 月の第 1 日曜日に今里の杵築神社と鍵の八坂神社で蛇巻きの行事がおこなわれます。蛇巻きは、その構成員が男子であり、旧暦の 5 月 5 日に行われる端午の節句にちなんだ行事です。また、やがてくる田植え時に雨が降るようにという祈りも込められています。
鍵では、午前中八坂神社にて稲わらで蛇をつくります。午後からは 1 年の間に鍵大字内で祝い事のあった家や、お祝いをしたい家に「おめでとう」と言いながら、蛇を担いで訪ねる。 300 キロ近い頭を中学 1 年生から高校 1 年生までの男子が担ぎ、後ろの綱を参加した全少年が頭の前進を阻むよう引っ張り合いながら道を進んでいきます。最後に、北中学校の前の「はったはん」という場所の大樹の根元に頭がおかれ、胴体を上にして樹に吊るされます。(下り龍・降り龍)  (「蛇巻き/田原本町」より)]

鍵の蛇巻き – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が鍵の蛇巻です。