黒田大塚古墳

マーカーは黒田大塚古墳です。

黒田大塚古墳
[県指定 史 跡
   黒田大塚古墳
         昭和五十八年三月二十日指定
 黒田大塚古墳は、三宅古墳群の南端に位置する古墳時代後期の前方後円墳である。墳丘は二段築成であり、推定される規模は集合を含め全長八七メートル、墳丘長七〇メートル、後円部径四〇メートル、後円部高さ八・二メートル、前方部前端幅四五メートル、前方部高さ七・七メートルである。また、墳丘の周囲には幅八メートル、深さ一メートルの周濠がめぐる。
 周濠の発掘調査では、墳丘に立てられていた円筒埴輪蓋形埴輪(きぬがさがたはにわ)、蓋形や鳥形の木製品が転落した状態で出土していて、本来墳丘に立てられていたと考えられている。埋葬施設は未調査のため不明だが、古墳の築造時代は、その形態や出土遺物から六世紀初頭と考えられる。
 牛型埴輪が出土した田原本町羽子田(はごた)一号墳とともに、奈良盆地中央部の数少ない古墳時代後期の大型古墳として、注目すべきものである。
  平成七年三月
           奈良県教育委員会  (「黒田大塚古墳案内板(画像リンク)」より)]

黒田大塚古墳 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向に黒田大塚古墳案内板があります。