真宗大谷派難波別院(南御堂)

マーカーは真宗大谷派難波別院(南御堂)です。

真宗大谷派難波別院(南御堂)
[真宗大谷派難波別院(しんしゅうおおたにはなんばべついん)は、大阪府大阪市中央区久太郎町4丁目にある真宗大谷派の寺院。通称は南御堂(みなみみどう)。
真宗大谷派の大阪教区教務所、教化センターが併設され、大阪府堺市堺区櫛屋町東4丁にある真宗大谷派堺別院(堺南御坊)を支院とする。
別院名の難波とは摂津国西成郡上難波村の旧地であったことに由来する。船場が市街化されたのちも、1872年(明治5年)まで当院南に位置する難波神社にかけて上難波町という町名となり、以降、1914年(大正3年)まで当院南西部を含む北部が上難波北之町となっていた。また、当院東側の御堂筋は、北御堂(本願寺津村別院)と南御堂の門前を通る道であることに由来する。
1595年(文禄4年) – 豊臣秀吉より寺地を寄進され、教如が大坂渡辺の地に大谷本願寺を開創する。
渡辺の地とあるが、大川南岸の渡辺津付近ではなく道修谷(現:大阪市中央区道修町1丁目付近)。
1596年(文禄5年) – 「大谷本願寺 文禄丙申五暦」銘の梵鐘を鋳造(現存)。
1598年(慶長3年) – 大坂城三の丸造営に伴う船場の街区拡充のため、大谷本願寺が現在地へ移転。
1602年(慶長7年) – 徳川家康より寺地を寄進され、大谷本願寺が京都烏丸六条へ移転。大谷本願寺跡に難波御堂を造営。
1714年(正徳4年) – 二重屋根の壮大な本堂となる。
現在の東本願寺御影堂は、この難波御堂本堂を参考にしたとされている。
1945年(昭和20年) – 大阪大空襲により焼失する。
1961年(昭和36年) – 本堂および山門を兼ねた御堂会館が完成する。  (wikipedia・真宗大谷派難波別院より)]

摂津名所図会. [前,後編] / 秋里籬嶌 著述 ; 竹原春朝斎 図画」-「4巻41・難波御堂」、「4巻42・南御堂臺所

歌川國員/画 両本願寺(wikipedia-photo)

大阪の地図(1686年)(拡大図)

絵地図を縦横にスクロールして、西横堀川右側、下のピンクが南御堂になります。

カメラ北北西方向が真宗大谷派難波別院(南御堂)です。