『稲田桃』碑

マーカーは『稲田桃』碑です。

稲田桃
[東大阪市立楠根小学校西側の第二寝屋川堤防沿いに、『稲田桃』が植えられています。
稲田桃は、直径約 5cm と小ぶりで先が尖っているのが特徴で、春先には濃いピンク色の花を咲かせます。江戸時代は稲田地域一面に桃林が広がっていたと言い伝えられていますが、桃林は収入のよい河内木綿の畑に変わったり、大洪水の被害にあったりして次第に姿を消していきました。
江戸時代に栄えた『稲田桃』を復活させて地域の名産にしようと、稲田や森河内地区の地域住民らで構成された『楠根リージョンセンター企画運営委員会』が平成 13 年に『稲田桃再生栽培プロジェクト』を立ち上げました。
東大阪市内に残っていた『稲田桃』の原木から実を採取して苗木を育て、平成16 年 1 月から第二寝屋川沿いに植栽し、現在では稲田地区の道路や公園などにも植えられています。  (「【東大阪市】稲田桃再生栽培プロジェクトにより復活した …」より)]

河内名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [著] ; 丹羽桃渓 画 – 早稲田大学」 – 「稲田桃林(4巻44)

カメラ北方向に『稲田桃』碑があり、歩道沿い『稲田桃』が植えられています。