聖神社(信太社)

マーカーは聖神社です。

聖神社(信太社)
[聖神社(ひじりじんじゃ)は、大阪府和泉市にある神社。和泉国和泉郡式内社で、和泉国三宮。現在の社殿は豊臣秀頼片桐且元を奉行として再建したもので、本社本殿や末社本殿が重要文化財に指定されている。旧社格は府社。
延喜式神名帳』には和泉国和泉郡「聖神社」とあるが、「信太大明神」「篠田社」「信太聖社」などとも呼ばれる。
神武天皇東征の際に瓊々杵尊を祀ったとする伝承と、白鳳3年(675年)8月15日に天武天皇願により渡来氏族の信太首(しのだのおびと)が聖大神を祀ったとする伝承の二説がある。貞観元年(859年)5月7日に官社に指定され、同年8月13日に従五位下から従四位下の神階を受ける(『三代実録』)。延長5年(927年)に施行された『延喜式』ではその「神名帳」に記載される(式内社)。中世の『和泉国神名帳』では神階が「正一位」となっている。
鎌倉時代には信太氏が代々神主職となっていたが、南北朝時代に南朝方についたために、その後信太氏は神主職の地位を失う。かわって延文5年(1360年)には和田蔵人が神主職についている。南北朝時代より同じ和泉国の大鳥神社泉穴師神社積川神社日根神社とともに「五社大明神」と呼ばれるようになる。和泉国の神社の3番目の地位を占めるが、「三宮」の記述は中世にはない。天正3年(1575年)、織田信長に所領1100石を安堵されるが、同13年(1585年)の豊臣秀吉根来攻めで兵火にあい、所領も没収された。
江戸時代の初期に豊臣秀頼片桐且元を奉行として各地の社寺を造営したが、当神社も慶長9年(1604年)に造営されている。現存する当時の社殿は本社本殿と末社三神社・滝神社・平岡神社の本殿で国の重要文化財及び大阪府の有形文化財に指定されている。また神宮寺として真言宗の万松院があり、五重塔や鐘堂があった。寛政8年(1796年)には社家と社僧の間で紛争が起こっている。
明治になると、神仏分離により神宮寺の万松院は廃寺となった。  (wikipedia・聖神社_(和泉市)より)]

和泉名所図会. 巻之1-4 / 秋里籬嶌 [著] ; 竹原信繁 画」 – 「信太社(3巻4)

聖神社(信太社)参道前鳥居のカメラです。

聖神社(信太社)境内のカメラで、カメラ北北東方向が聖神社(信太社)拝殿になります。