興正寺別院

マーカーは興正寺別院です。

興正寺別院
[富田林興正寺別院(とんだばやしこうしょうじべついん)は、富田林市富田林町にある真宗興正派の寺院。永禄初年(1558年)頃建立。宗教法人としての名称は「富田林興正寺別院」。富田林寺内町の中核寺院である。
寺伝によると、応永年中(1394年~1412年)に毛人谷村(えびたにむら)小字古御坊に草創された一向宗道場が前身とされる。永禄年間初頭(1560年前後)に興正寺第16世証秀が「富田の芝」と呼ばれた荒地を境内地として買いうけ、周辺4村の庄屋8人とともに富田林寺内町を開発し、当寺を建立した。
証秀の祖父である興正寺第14世蓮教は、かつての法名を経豪といい、畿内を中心に多くの門徒を抱える佛光寺の住持であった。文明13年(1481年)頃に本願寺へ帰参したが、多くの門徒・末寺を引き連れて佛光寺を去り、山科に興正寺を再興した。蓮教は、本願寺第11世顕如とともに河内地方の教化に努めた。証秀の父である興正寺第15世蓮秀のとき、天文の錯乱によって山科の本願寺・興正寺がともに焼亡すると、興正寺は大阪天満へ移った。蓮秀は、細川晴元と本願寺の和解に奔走した功によって、本願寺の一家衆に加えられた。証秀が34歳で病死したあと、顕如の次男で証秀の養子に入っていた顕尊が興正寺第17世となり、永禄12年(1570年)に正親町天皇より興正寺を脇門跡とする許を受けた。
『郷土史の研究』によれば、当寺は初め「興正寺掛所」と称し、後に「興正寺門跡兼帯所」となり、本山興正寺の西本願寺からの独立に伴って1880年(明治13年)に「興正寺別院」に改称したとされる[13]。俗に、富田の御堂または御坊という。『河内名所図会』には「興正寺の輪番所」(2巻14)とあり、本山興正寺門主が当寺の住職を兼任し、当寺には本山から派遣された留守居がおかれた。現在は、本山興正寺住職の一族が当寺の住職を務めている。
第二次世界大戦末期には大阪市平野国民学校からの学童集団疎開を受け入れている。
本堂および付属の建造物が「富田林興正寺別院 6棟」として国の重要文化財に指定されている(2014年9月18日指定)。

山門・wikipedia-photo

御成門・wikipedia-photo

鐘楼・wikipedia-photo

鼓楼・wikipedia-photo

本堂(重要文化財)・wikipedia-photo

  (wikipedia・富田林興正寺別院より)]

河内名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [著] ; 丹羽桃渓 画」 – 「富田林 興正寺御堂(2巻15)

興正寺別院山門前のカメラです。