薩摩藩岡崎藩邸跡

マーカーは薩摩藩岡崎藩邸跡です。

[串木野郷士の野元良図による『上京日記』を分析した町田剛士氏の研究によると、薩摩藩の場合、錦小路の藩邸が狭く、多人数を収容できないので、「薩摩藩は文久二年の冬、御所北側の相国寺敷地内に土地を購入し起工、文久三年に二本松屋敷を建造し」、それは文久3(1863)年10月までに完成していた。
 町田氏は、『上京日記』の記述をもとに、薩摩藩が文久4(1864)年4月までに岡崎にも藩邸を建造し、そこで藩兵の調練が行われていたことを明らかにしている。つまり、文久4年までに、薩摩藩邸は京都市街地とその周辺に都合3か所あったことになる。取得の順序でいえば、享保2年までに市街地内部の錦小路で、それから176年後に市街地の北の、御所の近傍で二本松藩邸を創出し、その直後に鴨川の東側に位置する藩邸を確保していた。
 鎌田氏によると、薩摩藩は岡崎の新屋敷をのちに手放し、「その代わりに等持院村に新屋敷をまたこしらえている」。
慶応4年(168)年に刊行された「改正 京都御絵図細見大成」には、「薩州屋敷」が明記されている。  (「藩邸 – 国土地理協会」より)]

[文久3年(1863)に越前藩邸,元治元年に薩摩藩邸や安芸藩邸,慶応元年に加賀藩邸や菰野藩邸などが聖護院・岡崎村周辺に営まれた。慶応4年(1868)に薩摩藩邸が立ち退いた後には,秋田,大聖寺,富山などの諸藩が進出した。これら以外にも,犬山,彦根,南部,刈谷,吉田(三河国),阿波などの諸藩が岡崎村周辺に縄張りを確保した。  (「第4章 生活文化と都市文化 – 京都の文化遺産」より)]

国際日本文化研究センター – [大成京細見繪圖 : 洛中洛外町々小名](慶應4・1868年)」[絵図中央右方向・加州ヤシキ(参照・加賀藩邸跡、京都新御屋敷絵図左に薩州と記述されています。)の上白地区画が岡崎藩邸跡と思われます。]

西尾市岩瀬文庫/古典籍書誌データベース – 京町御絵図細見大成(明治元年・1868年)」[絵図四つ切左上・真如寺、等持院仁和寺妙心寺に囲われて薩州屋敷と描かれています。場所的には真如寺の右松原村の辺りに描かれるべきだと思います。また絵図中央右方向、加州屋敷上、越前屋敷右の富山ヤシキ、大聖寺ヤシキ、秋田屋敷に岡崎藩邸があったと思われます。

カメラ位置は冷泉通/桜馬場通交差点で、カメラ東方向冷泉通両サイドが薩摩藩岡崎藩邸跡になります。