観心寺

マーカーは観心寺です。

観心寺
[観心寺(かんしんじ)は、大阪府河内長野市寺元にある高野山真言宗遺跡本山の寺院。山号は檜尾山。本尊如意輪観音新西国三十三箇所客番札所。大阪みどりの百選に選定されている。また日本遺産『中世に出逢えるまち 〜千年にわたり護られてきた中世文化遺産の宝庫〜』の構成文化財のひとつでもある。
伝承では、大宝元年(701年)、役小角(役行者)が開創し、当初、雲心寺と称したとされる。その後、大同3年(808年)、空海がこの地を訪れ、北斗七星勧請したという。これにちなむ7つの「星塚」が現在も境内に残る。なお、北斗七星を祀る寺は日本では観心寺が唯一である。
弘仁6年(815年)、空海は再度この地を訪れ自ら如意輪観音像を刻んで安置し、「観心寺」の寺号を与えたという。「空海が自ら刻んで」云々の話は伝承の域を出ないが、現在金堂本尊として安置される如意輪観音像は、様式的に9世紀の作品とされている。また、観心寺には奈良時代にさかのぼる金銅仏4体が伝来することから、奈良時代草創説もあながち否定はできない。
観心寺の実質的な開山とみられるのは、空海の一番弟子にあたる実恵(道興大師)である。『観心寺縁起資財帳』(国宝)などによると淳和天皇の命を得て天長4年(827年)、実恵の意を受け、弟子の真紹が造営を始めている(なお、年次に関しては天長2年(825年)とする異説もある)。承和3年(836年)には石川郡東坂荘によって施入されたと伝えられている。鎌倉時代の末期には塔頭50か寺以上を誇る大寺院となっていた。
観心寺は楠木氏菩提寺であり、楠木正成および南朝ゆかりの寺としても知られている。建武元年(1334年)頃、後醍醐天皇により楠木正成を奉行として金堂の外陣造営の勅が出され、 正平年間(1346年 – 1370年)に完成した。正平14年(1359年)12月から翌正平15年(1360年)9月まで後村上天皇行宮となっている。また、境内には後村上天皇桧尾陵がある。
境内にある建掛塔(たてかけとう)は、一見、普通の仏堂のように見えるが、三重塔の一重目だけが建てられた未完成の建築である。伝承によれば楠木正成は、建武の新政の成功を祈願して三重塔の建立を発願したが、造営なかばで湊川の戦いで討死したため建築が中断され、そのままになったという。なお、現在あるものは再建されたものである。討死した正成の首は当寺に届けられ、首塚に祀られている。
室町時代以降は管領畠山氏の庇護を受けて栄えたが、戦国時代に入ると織田信長寺領を没収された。しかし文禄3年(1594年)豊臣秀吉によって25石の寄進を受け、豊臣秀頼によって金堂や諸堂の修復などが行われた。江戸時代になると、塔頭槙本院の檀家であった江戸幕府旗本甲斐庄氏などの支えにより、伽藍の維持に努めた。
安永年間(1772年 – 1781年)には30余りあった塔頭は慶応年間(1865年 – 1868年)には12坊となり、明治時代となって廃仏毀釈が始まるとさらに減り、現在では本坊となった槙本院の他には中院を残すのみである。

山門・wikipedia-photo

訶梨帝母天堂(鎮守堂、重要文化財) – 天文18年(1549年)再建。wikipedia-photo

金堂(国宝
南北朝時代正平年間(1346年 – 1370年)の建立。桁行七間、梁間七間、入母屋造、本瓦葺き和様禅宗様の要素が混淆した折衷様仏堂の代表例である。朱塗の柱に白い漆喰壁の外観は和様の要素であるが、扉は禅宗様の桟唐戸を用いる。堂正面は七間のうち中央五間を桟唐戸、両端の各一間を和様の連子窓とする。和様では頭貫(かしらぬき)以外の(柱を貫通する水平材)を用いず、長押(柱の外側から打ち付ける水平材)を多用するが、この堂では頭貫以外に飛貫(ひぬき)、足固貫を用いている。堂内は手前二間通りを外陣とする。その奥は中央の五間×四間を内陣、その両脇一間通りを脇陣、背後の梁間一間分を後陣とする。内陣はその奥の三間×一間を内々陣として須弥壇(しゅみだん)を構え、厨子内に本尊如意輪観音像を安置する。須弥壇の手前左右には曼荼羅壁を設け、それぞれに両界曼荼羅を描く。wikipedia-photo

本尊 如意輪観音像 – 国宝。観心寺の本尊で、金堂内陣の厨子内に安置される。秘仏で、毎年4月17・18日の2日間のみ開扉される。wikipedia-photo

建掛塔(重要文化財) – 文亀2年(1502年)再建。もともとあった堂は楠木正成が三重塔を建立しようと建築に着工したところ討死してしまい、一重目を造り終えたところで工事が中止され、仏堂に改築されたもの。焼失後、同じような形式で再建された。wikipedia-photo

恩賜講堂(重要文化財) – 1930年(昭和5年)移築・改造。昭和天皇即位大典のために京都御苑内に建てられた大饗宴場の一部を移築・改造したもの。wikipedia-photo

御影堂(大師堂、大阪府指定有形文化財) – 江戸時代中期再建。wikipedia-photo

開山堂(本願堂、大阪府指定有形文化財) – 正保3年(1646年)再建。wikipedia-photo

  (wikipedia・観心寺より)]

観心寺境内図(「オープンストリートマップ」より。)

河内名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [著] ; 丹羽桃渓 画 – 早稲田大学」 – 「観心寺表門前(1巻25)

観心寺本堂(1巻26)

観心寺裏門(1巻27)

観心寺山門前のカメラです。

観心寺山門内参道のカメラです。

観心寺境内本堂前のカメラです。

観心寺境内開山堂前のカメラです。