誉田八幡宮

マーカーは誉田八幡宮です。

誉田八幡宮
[誉田八幡宮(こんだはちまんぐう)は、大阪府羽曳野市誉田にある神社。旧社格は府社。誉田御廟山古墳応神天皇陵)の南に隣接して鎮座する。
社伝によると、欽明天皇20年(559年)に任那の復興を目指した欽明天皇によって、応神天皇陵前に神廟が設置されたことをもって創建としており、最古の八幡宮を称している。なお、この地は応神天皇陵(誉田御廟山古墳)がある地であるが、応神天皇が幼少の頃に居住されていたところでもあり、また、皇后の仲津姫はこの地を治める誉田真若王の娘でもあり、応神天皇にとって特別なゆかりのある地である。
奈良時代には行基によって神宮寺の長野山護国寺も創建された。永承6年(1051年)の後冷泉天皇行幸の際に、元の鎮座地から1町ほど南の現在地に遷座した。
八幡神が源氏氏神とされることから、建久7年(1196年)には源頼朝によって社殿が修復され国宝の神輿などが寄進されている。室町幕府第6代将軍足利義教は、重要文化財の「誉田宗廟縁起」と「神功皇后縁起」を奉納している。 このように、当社は源姓を名乗る歴代の将軍をはじめ、武家の信仰を受けて栄えた。
南北朝時代から戦国時代にかけては、別当職の誉田三河入道一族によって保護されたが、享徳3年(1454年)より始まった河内守護畠山氏の内紛により社殿・伽藍を焼失し荒廃した。三好氏により滅ぼされた応神天皇末裔の誉田氏の一部は、四国九州に逃れ、また、江戸時代には、関西一円の香具師(やし)(露天商)の元締めとして君臨したといわれている。
河内国を支配下に置いた織田信長により、社領は全て没収された。その後、豊臣秀吉は社領200石を寄進し、社殿を再建した。天正14年(1586年)に社殿が焼失したため、慶長11年(1606年)に豊臣秀頼片桐且元を普請奉行に任命して本殿・中門・拝殿などの再建を行っている。しかし、拝殿の仕上げ中に大坂の陣及び豊臣氏の滅亡があり、建物の内部が未完成のままとなっている。江戸幕府も200石の社領を安堵し、数度にわたり社殿の修復を行った。
神宮寺の長野山護国寺は塔頭十五坊を誇っていたが(誉田八幡宮は社人十三家)、明治初年の廃仏毀釈により本堂などの建物が取り壊され、現在は南大門のみが残る。また、府社に列せられている。明治には幕末の剣客として知られる桃井直正が宮司を務めた。

南大門 – 旧長野山護国寺の南大門。wikipedia-photo

鳥居 – 旧長野山護国寺の南大門。wikipedia-photo

放生橋(羽曳野市指定有形文化財) – 17世紀後半から18世紀前半頃に建造。かつてはこの橋を渡って誉田御廟山古墳の後円部の墳丘に参拝できた。wikipedia-photo

拝殿(割拝殿) – 慶長11年(1606年)に豊臣秀頼が片桐且元を普請奉行として再建。寛永年間(1624年 – 1645年)に改修。wikipedia-photo

本殿神門・wikipedia-photo

  (wikipedia・誉田八幡宮より)]

河内名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [著] ; 丹羽桃渓 画 – 早稲田大学」 – 「誉田本社(3巻5)

誉田例祭車楽(3巻10)

誉田八幡宮参道前のカメラです。

誉田八幡宮境内鳥居前のカメラです。

誉田八幡宮拝殿前のカメラです。