誉田御廟山古墳

マーカーは誉田御廟山古墳です。

誉田御廟山古墳
[誉田御廟山古墳(こんだごびょうやまこふん)または誉田山古墳(こんだやまこふん)は、大阪府羽曳野市誉田にある古墳。形状は前方後円墳古市古墳群を構成する古墳の1つ。
実際の被葬者は明らかでないが、宮内庁により「惠我藻伏崗陵(えがのもふしのおかのみささぎ)」として第15代応神天皇の陵に治定されている。また外濠と外堤は1978年(昭和53年)に国の史跡に指定されている。
名称は「応神天皇陵」とも呼ばれることがあり、大仙陵古墳大阪府堺市)に次ぐ全国第2位の規模である巨大古墳。
2008年9月26日、大仙陵古墳(仁徳天皇陵)を含む百舌鳥古墳群、誉田御廟山古墳(応神天皇陵)を含む古市古墳群が世界遺産の国内暫定リストに追加されている。2019年5月14日にユネスコの諮問機関「イコモス」は前年9月に行った現地調査などの結果、世界遺産への「登録が適当」とする勧告を提出した。
ユネスコの世界遺産委員会は7月6日、アゼルバイジャンの首都バクーで行われている新たな世界遺産を決める会議において日本が推薦する大阪府の大仙陵古墳(仁徳天皇陵古墳)を含む「百舌鳥・古市古墳群」の世界文化遺産としての登録が正式に決定した。
当古墳の規模について、羽曳野市の公式サイトでは以下の数値を公表している。
墳丘長:約425メートル
後円部直径:250メートル
後円部高さ:35メートル
前方部幅:300メートル
前方部高さ:36メートル
ただし、どの部分を古墳の裾とするかには議論があり、これらの長さには諸説がある。ただし、全長約420メートルという墳丘長は大仙陵古墳に次ぐ大きさであり、体積は143万3960立方メートルにおよんでいる。墳丘長、体積共に日本第2位の大王陵である。

応神天皇陵・北側から空撮(2019年)・wikipedia-photo

応神天皇惠我藻伏崗陵 拝所・wikipedia-photo

  (wikipedia・誉田御廟山古墳より)]

河内名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [著] ; 丹羽桃渓 画 – 早稲田大学」 – 「応神天皇陵(3巻4)

誉田御廟山古墳拝所前のカメラです。