通法寺跡

マーカーは通法寺跡旧山門です。

通法寺跡
[通法寺(つうほうじ)は、大阪府羽曳野市に存在していた寺院址。河内源氏菩提寺であった。
羽曳野市壺井は河内源氏発祥の地として知られているが、この壺井通法寺は、長久4年(1043年)に、河内国司であった源頼信の子源頼義が猟の際に焼けた草堂を見つけ、その跡から等身大の千手観音の霊像を得て、これを本尊とする堂を壺井郷に建立し、壺井堂と称し、新たに金色の阿弥陀如来像をも合わせて本尊とする通法寺を建立した。
前九年の役の時、頼義が子の八幡太郎義家とともに奥州へ出陣。凱旋ののち、「香呂峰の地」と呼ばれた同地に八幡宮を祀ったが、これが西北に隣接する壺井八幡宮の起りとなった。頼義は浄土宗に帰依し阿弥陀如来を本尊としたことから河内源氏の菩提寺となり源氏の隆盛と共に栄えた。
南北朝時代には、戦火により焼失。江戸時代になって源氏の子孫・多田義直が5代将軍綱吉に願い出て柳沢吉保らが普請奉行となり再興する。
この通法寺址の旧境内には源頼義の墓があるが、石の墓標や柵は明治末年に造られたもので、石灯籠は元禄年間に柳沢吉保らから寄進されたものである。東南方約200mの丘陵地には父・頼信と子・義家の墓もある。
1868年(明治元年)に廃仏毀釈により廃寺とされ、現在のような山門、鐘楼などを残すのみの姿となる。
1957年(昭和32年)に、河内源氏の形成発展する様相を示すものとして、三代の墓を含め、文化財保護法に基づき「通法寺跡」として史跡と指定された。

山門・wikipedia-photo

源頼信墓・wikipedia-photo

源頼義墓・wikipedia-photo

源義家墓・wikipedia-photo

  (wikipedia・通法寺より)]

河内名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [著] ; 丹羽桃渓 画 – 早稲田大学」 – 「通法寺(3巻29)

通法寺源家武将廟墓(3巻30)

通法寺跡旧山門前のカメラです。

通法寺跡旧鐘楼前のカメラです。

源頼義墓前のカメラです。

源義家墓前のカメラです。