道明寺天満宮

マーカーは道明寺天満宮です。

道明寺天満宮
[道明寺天満宮(どうみょうじてんまんぐう)は、大阪府藤井寺市道明寺にある神社。旧社格は郷社。境内には80種800本の梅の木があり、梅の名所として知られているとともに大阪みどりの百選に選定されている。
埴輪を作って殉死の風習を変えた功績で、垂仁天皇32年に野見宿禰は土師(はじのおみ)のとこの地を与えられた。そして、その子孫である土師氏は野見宿禰の遠祖である天穂日命を祀る土師神社を建立した。仏教伝来後に土師氏の氏寺である土師寺が土師神社の南側に建立され、やがて神宮寺となった。伝承では推古天皇2年(594年)に聖徳太子の発願により土師八嶋がその邸を寄進して土師寺としたという。この土師氏からはやがて菅原氏大江氏秋篠氏が分流していく。
平安時代、土師寺には菅原道真のおばに当たる覚寿尼が住んでおり、道真も時々この寺を訪れている。この寺のことを「故郷」と詠んだ詩もある。昌泰4年(901年)、道真は大宰府に左遷される途中に当社に立ち寄って、覚寿尼との別れを惜しんだ[2]。道真遺愛の品と伝える硯、鏡等が神宝として伝わり、6点が国宝の指定を受けている。
天暦元年(947年)には道真自刻と伝える十一面観音像を祀って土師寺を道明寺(現在は真言宗御室派の尼寺)と改称(道真の号である「道明」に由来)し、同時に土師神社内に天満宮も創建された。神仏習合が進み時代が下ると道真ゆかりの地ということで、道明寺は学問の神としての信仰を集めるようになっていき、土師神社も天満宮が中心となっていった。
天正3年(1575年)、織田信長三好康長が戦った高屋城の戦いで社殿、五重塔などを焼失したが、同年中に信長から寄進を受ける。天正11年(1583年)次いで文禄3年(1594年)には豊臣秀吉から、後には江戸幕府からも寄進されている。社領は174石である。
寛永10年(1633年)には石川が氾濫したため、道明寺が天満宮境内に移転し、道明寺本堂が天満宮本殿のすぐ西隣に建てられるなど両者はやがて一体化していった。
1872年(明治5年)神仏分離を行うこととなり、道明寺の五坊のうち二之室が神職家となって6月に天満宮は土師神社に改称した。また、郷社に列せられている。翌1873年(明治6年)9月に道明寺は分離し、道を隔てた西隣の地に移転した。1877年(明治10年)の明治天皇行幸の際に当社は行在所となった。
1952年(昭和27年)に土師神社から道明寺天満宮と改称する。現在も学問の神として地元の人々に親しまれている。当社の南には五重塔跡の礎石が残る。

神門 – 三井八郎右衛門奉納。wikipedia-photo

注連柱・wikipedia-photo

撫で牛・wikipedia-photo

拝殿 – 延享2年(1745年)再建。檜皮葺wikipedia-photo

宝物館 – 1902年(明治35年)に菅原道真公壱千年祭の記念事業として建設され、伝来の神宝等約200点を収蔵・展示している。開館日は、1月1 – 3日・1月25日・2月25日・3月25日、梅祭り期間中の土日祝日、釋奠の日と限定されており、それ以外は予約制となっている。wikipedia-photo

修羅 – 展示している修羅は、1978年(昭和53年)に三ツ塚古墳(道明寺6丁目)の出土品を西岡常一ら宮大工の手で復元したもの。この修羅は同年9月3日に朝日新聞社や考古学などの専門家によって、市内の大和川河川敷で巨石を乗せて牽引する実証実験に使われた。wikipedia-photo

梅園・wikipedia-photo

  (wikipedia・道明寺天満宮より)]

道明寺天満宮ホームページ」 – 「境内案内図

道明寺天満宮境内図(「オープンストリートマップ」より。)

  
河内名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [著] ; 丹羽桃渓 画 – 早稲田大学」 – 「道明寺木槵樹(4巻4)

[もくげんじゅは令和2年7月14日、倒木いたしました。同年11月25日に近くに育っていた木槵樹を植え替えました。その経塚から生えた木を「もくげんじゅ」といいます。 漢字では、「木槵樹」と書きます。(「げん」は木へんに患) その種子で数珠を作り、百万遍の念仏を唱えると極楽往生できるというのが、謡曲『道明寺』に謡われています。 現在、「もくげんじゅ」は大阪府の天然記念物に指定されています。  (「道明寺天満宮 西宮・もくげんじゅ」より)]

道明寺(4巻5)

道明寺本社.JPG(4巻6)

道明寺天満宮参道前のカメラです。

道明寺天満宮神門前のカメラです。

道明寺天満宮撫で牛前のカメラです。

道明寺天満宮拝殿前のカメラです。

木槵樹への入り口門前のカメラです。(Google Map)