道頓堀(道とんぼりの図)

マーカーは戎橋です。

道頓堀
[一般的に日本橋大黒橋間において、道頓堀川南岸の道頓堀通沿いに広がる繁華街を指す。なかでも戎橋以東は道頓堀五座が立地した芝居町にあたる。道頓堀通の南側に芝居小屋、北側に芝居茶屋が並ぶ構造だったため、現在も通の南側に娯楽施設、北側に飲食店が多い。
幸田成友によると、1612年(慶長17年)に南端が堀止になっていた東横堀川西横堀川を結んで木津川へ注ぐ堀川の開削が開始され、摂津国清和源氏の一流である河内国河内源氏の流れを汲む畠山氏の一族、河内国渋川郡久宝寺(または、摂津国住吉郡平野郷)出身で安井道頓(成安道頓)が新川奉行に任命された。しかし、大坂の陣で道頓が戦死したため、従弟の安井九兵衛(安井道卜(どうぼく))や安藤藤次(平野藤次)らが引き継ぎ、1615年(元和元年)に完成した。当初は新堀・南堀川・新川などと呼ばれていたが、大坂城主の松平忠明が道頓の死を追悼し、また、相当な私財が投じられたことや功績に鑑み「道頓堀」と命名した。
「大坂濫觴書一件」では、道卜が合戦後の工事再開の認可を受けた際、徳川氏からの人夫提供の誘いを断り、久宝寺から百姓を呼び寄せ、自らの手で工事を完成させたとあり、安井家の富豪のほど、また当時の町人の心意気を偲ばせる記述となっている。この開堀では両岸の開発も行われ、道頓堀川八丁が誕生。「九郎右衛門町」、「宗右衛門町」などの人名のついた各町は安井家出入りの百姓で、この時開発の衝にあったものの名に因んだものである。
道卜は振興策として、南船場の塩町通付近に形成されていた芝居町を道頓堀川の南岸に移転させた。当初は道頓堀通の北側に川を背にして芝居小屋が立ち、遊女歌舞伎や若衆歌舞伎が行われていたが、前者は1629年(寛永6年)に、後者は1652年(慶安5年)に禁止された。1653年(承応2年)に芝居名代5株が公認され、興行権免許の印として櫓を正面に掲げた劇場が道頓堀通の南側に立つようになり、歌舞伎人形浄瑠璃が演じられた。  (wikipedia・道頓堀より)]

道とんぼりの図 歌川広重画(道とんぼりの図.pdf)

摂津名所図会. [前,後編] / 秋里籬嶌 著述 ; 竹原春朝斎 図画」-「5巻8・道頓堀芝居側」、「5巻9・右之續」、「5巻11・竹田近江機捩戯場」、「5巻12・道頓堀夜顔見世」、「5巻14・道頓堀歌舞伎戯場

道頓堀川に架かる右の橋が戎橋、左が太佐衛門橋で、十字路左に角芝居、右に中芝居と記述され、中芝居右に法善寺と記述されています。

歌川國員/画 道頓堀角芝居(wikipedia-photo)

南粋亭芳雪/画 道頓堀太左衛門橋雨中(wikipedia-photo)

大阪の地図(1686年)(拡大図)

絵地図をスクロールして一番下の水路が道頓堀で右端縦水路が東横堀川、そこの左が西横堀川で、西横堀川の右側二本目の橋に、「えびすはし」と記述されています。
※wikipediaでは大阪の地図は1686年作成となっていますが、絵地図を見ると本町橋東詰に西町奉行所が描かれ、大阪城代・阿部正福(伊勢守・1745年 – 1747年)、京橋口定番・植村恒朝(土佐守・1742年 – 1747年)、玉造口定番・森川俊令(兵部少輔・1745年 – 1749年)の名が見えますので、1745年 – 1747年頃の作成になると思います。マイドームおおさか 敷地の変遷(詳細)では、宝暦8年(1758年)としています。

大阪繪圖 – 国際日本文化研究センター(日文研)」(成立年代-文久3(1863)年)絵図中央右に道頓堀川が描かれています。

カメラ位置は戎橋で、カメラ東方向が道頓堀五座が立地した芝居町になります。東側次の橋が太左衛門橋になります。

カメラ北北東方向に贈従五位安井道頓安井道卜紀功碑があります。(Google Map)