達磨寺

マーカーは達磨寺です。

達磨寺
[達磨寺(だるまじ)は、奈良県北葛城郡王寺町にある臨済宗南禅寺派の寺院。山号は片岡山。本尊千手観音達磨大師像、聖徳太子像。
この寺の創建については、推古天皇21年(613年)の冬、聖徳太子が片岡山で飢えていた異人に衣食を施したという片岡山飢人伝説にからめて語られる。
片岡山飢人伝説とは、『日本書紀』の推古天皇21年(613年)12月条や『元亨釈書』に見える次のような話である。聖徳太子こと厩戸皇子が片岡山を通りかかったところ、飢えて瀕死の異人に出会った。太子はその異人に当座の寒さと飢えをしのぐため、食物と自分の衣服とを与えた。翌日、使いをやって異人の様子を見に行かせたところすでに息絶えていたので、丁重に葬った。それからしばらくして墓の様子を見に行かせると、死体は消えており、衣服だけがきちんとたたまれて棺の上に置かれていた。これを知った里人は、あの異人は達磨大師の生まれ変わりに相違ないといい、聖徳太子が自ら刻んだ達磨像を祀ったのが達磨寺の始まりであるという。
寺院としての形態が整うのは鎌倉時代以後と思われる。建久年間(1190年 – 1198年)に解脱上人貞慶によって達磨像や堂が修理され、達磨寺と称するようになった。嘉禄年間(1225年 – 1228年)には興福寺によって焼き討ちされて衰亡するが、延応年間(1239年 – 1240年)に松尾の勝月上人によって再興される。永享年間(1429年 – 1441年)には建仁寺の南峯禅師が住持として入り、山名時熙足利義満足利義持足利義教などから援助を得ている。
永禄年間(1558年 – 1570年)には松永久秀によって焼かれてまたも衰亡したが、正親町天皇綸旨豊臣秀頼の支援があり、再興している。江戸時代には徳川家康から30石の朱印地の安堵がなされている。
2004年(平成16年)には新たな本堂が建てられている。

山門・wikipedia-photo

本堂・wikipedia-photo

  (wikipedia・達磨寺_(奈良県王寺町)より)]

大和名所図会. 巻之1-6 / 秋里舜福 [著] ; 竹原信繁 画」・「達磨寺」(3-56)、「片岡山達磨寺解説-1・左ページ左側から」(3-54)、「片岡山達磨寺解説-2・右ページ左側から2項目まで」(3-55)

臨済宗南禅寺派 片岡山 達磨寺 – Google Map 画像リンク

達磨寺西門前のカメラです。

達磨寺本堂前のカメラです。