野中寺

マーカーは野中寺です。

野中寺
[野中寺(やちゅうじ)は、大阪府羽曳野市野々上にある高野山真言宗の寺院。山号は青龍山。本尊薬師如来聖徳太子建立三太子の一つで、叡福寺太子町)の「上の太子」、大聖勝軍寺八尾市)の「下の太子」に対して、「中の太子」と呼ばれている。
伝承では聖徳太子建立48寺院の一つとされ、太子の命を受けた蘇我馬子が開基とされる。が、発掘調査によると創建は白雉元年(650年)頃のようである。境内に残る礎石から、飛鳥時代から奈良時代前半には大規模な伽藍が存在したことは明らかで、渡来系氏族の船氏氏寺として建てられたという説もある。
創建時の堂塔は南北朝時代の野中寺合戦などの兵火を受けて全て焼失している。境内には中門跡・金堂跡・塔跡・講堂跡・回廊跡など法隆寺式伽藍配置を示す礎石を存留しており、「野中寺旧伽藍跡」として国の史跡に指定されている。
中世までの沿革はあまり明らかでない。一時期は廃寺に近い状況だったと見られるが、寛文元年(1661年)に政賢覚英和上と慈忍恵猛律師らによって再興される。
享保年間(1716年 – 1735年)に火災にあい、地蔵堂以外を失うが、享保9年(1724年)、大和国郡山藩柳沢吉里により食堂と客殿が寄進された。他の堂宇は享保年間以後に再建されたものである。
江戸時代には律宗の勧学院として、和泉神鳳寺(大鳥大社境内にあった)、槇尾西明寺とともに律院三大僧坊として栄えた。
明治時代中期に現在の宗派である高野山真言宗に転じている。
当寺の西には隣接してかつて鎮守社であった野々上八幡神社がある。

山門(仁王門)・wikipedia-photo

地蔵堂 – 寛文元年(1661年)建立。wikipedia-photo

金堂跡 – 土壇が復元され、礎石が残る。wikipedia-photo

三重塔跡 – 基壇が復元され、礎石が残る。wikipedia-photo

本堂・wikipedia-photo

金銅弥勒菩薩半跏思惟像
重要文化財) – 1918年(大正7年)に寺内の蔵から発見された像。毎月18日に開帳される。像高18.5cm。頭部が大きく、腰を絞ったプロポーションは、飛鳥時代から奈良時代の金銅仏によく見られるものである。頭部には大ぶりの三面頭飾を付け、裳や台座などの各所にはタガネで文様を刻んだ入念な作である。左脚を踏み下げ、右手を頬に当てて思惟の想を示すポーズはこの種半跏思惟像の通例であるが、右手の掌を正面に向ける点が珍しい。表情からは飛鳥時代の仏像にみられた「古拙の微笑」が消えている。wikipedia-photo

  (wikipedia・野中寺より)]

河内名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [著] ; 丹羽桃渓 画 – 早稲田大学」 – 「野上野中寺(4巻21)

野中寺山門前のカメラです。