金剛寺

マーカーは金剛寺です。

金剛寺
[金剛寺(こんごうじ)は、大阪府河内長野市天野町にある真言宗御室派の大本山の寺院。山号は天野山(あまのさん)。本尊大日如来。五仏堂は新西国三十三箇所第7番札所で本尊は千手観音である。
高野山が女人禁制だったのに対して女性も参詣ができたため、「女人高野」とも呼ばれる。奥河内の観光地の一つ。大阪みどりの百選に選定されている。また日本遺産『中世に出逢えるまち 〜千年にわたり護られてきた中世文化遺産の宝庫〜』の構成文化財のひとつでもある。
南北朝時代(1336年 – 1392年)には、南朝の最重要拠点の一つとして、枢要の地位にあった。延元元年/建武3年(1336年)10月1日には、後醍醐天皇によって勅願寺に指定された。さらに、正平9年/文和3年(1354年)10月28日から正平14年/延文4年(1359年)12月まで、南朝第2代後村上天皇行宮(仮の皇居)が置かれている。また、正平12年/延文2年(1357年)に後醍醐・後村上両帝の腹心で南朝最大の高僧・画僧文観房弘真が入滅した地でもある。
その後は戦火に遭うこともなく、室町時代永享4年(1432年)頃からは銘酒「天野酒」を販売して収入源にしたりし、永正11年(1514年)には依然として塔頭が70から90もあって威勢を誇った。
慶長10年(1605年)から豊臣秀頼によって伽藍が整備され、金堂、多宝塔、食堂、楼門が修理された。また、五仏堂、薬師堂が再建され、護摩堂、法具蔵、摩尼院書院、鎮守社の水分明神社、丹生高野明神社、鎮守社拝殿、鎮守社鐘楼が建立されている。
元禄13年(1700年)には、江戸幕府将軍徳川綱吉の命で岸和田藩主の岡部長泰を奉行として伽藍の修理が再び行われた他、求聞持堂、開山堂が建立された。江戸時代末期には307石の寺領があった。
しかし、明治時代となって廃仏毀釈のためもあり、塔頭は減少し、現在では摩尼院、観蔵院、吉祥院を残すのみである。とはいえ、主要伽藍などは戦火に掛からなかったため、貴重な文化財が数多く残されている。

南大門・wikipedia-photo

楼門(重要文化財) – 鎌倉時代後期の再建。wikipedia-photo

伽藍を西から見る。右手奥は多宝塔、左手奥は金堂。手前は左から法具蔵、御影堂、五仏堂、その手前(石柵で囲われた区域)は光厳天皇陵。wikipedia-photo

食堂(重要文化財) – 室町時代前期の再建。南朝の政庁・天野殿。wikipedia-photo

金堂(重要文化財) – 元応2年(1320年)再建。慶長10年(1605年)には豊臣秀頼により大修理されている。堂内には中央に本尊の金剛界大日如来坐像(国宝)、向かって右に不動明王坐像(国宝)、左に降三世明王(ごうざんぜみょうおう)坐像(国宝)を安置する(いずれも2017年度に国宝に指定)。密教曼荼羅の一つである尊勝曼荼羅を立体的に現したものでありこの金剛寺にしか存在しない。wikipedia-photo

御影堂(重要文化財) – 慶長11年(1606年)に豊臣秀頼により再建。wikipedia-photo

観月亭(重要文化財) – 慶長11年(1606年)に豊臣秀頼により再建。御影堂に接続している。wikipedia-photo

五仏堂(重要文化財) – 慶長年間(1596年 – 1615年)に豊臣秀頼により再建。新西国三十三箇所第7番札所で千手観音を祀る。wikipedia-photo

求聞持堂(重要文化財) – 元禄13年(1700年)に徳川綱吉により建立。wikipedia-photo

多宝塔(重要文化財) – 平安時代後期の建立で現存している多宝塔としては日本最古であり、また大阪府で最古の木造建築物でもある。ただし、慶長11年(1606年)に豊臣秀頼により大改修されている。上層の隅行には日本の現存建築で唯一かつ最多となる九手先の組物がある。wikipedia-photo

  (wikipedia・金剛寺_(河内長野市)より)]

天野山金剛寺境内図(「オープンストリートマップ」より。)

河内名所図会. 巻之1-6 / 秋里籬嶌 [著] ; 丹羽桃渓 画 – 早稲田大学」 – 「天野山金剛寺表門(1巻13)

天野伽藍(1巻13)

金剛寺南門前のカメラです。

金剛寺楼門前のカメラです。

カメラ西北西方向が金堂、その右に鐘楼、食堂、カメラ東方向に楼門があります。

多宝塔前のカメラです。

金剛寺庭園のカメラです。