金沢港いきいき魚市

マーカーは金沢港いきいき魚市です。

港と醤油のまちを行く |金沢市内コース|モデルコース|金沢市公式観光

金沢港いきいき魚市
[金沢港に漁船が帰港するのは、夜の8時〜9時。
すぐに市場でセリ落とされた魚はまだ活きているものもあり、新鮮そのものです。朝のセリでは、県内各地から早朝に水揚げされたばかりの定置網の魚がずらりと並び、次々にセリ落とされ「いきいき魚市」で販売されます。
また、いきいき魚市の強みは、目の前の金沢港はもとより、能登や、富山湾で獲れた近郊の魚は一度金沢港に集まり、地物の魚を中心に厳選し市場に並びます。石川の四季の魚の本当の美味しさをお届けするために、頑固なまでに漁れたて新鮮な地物にこだわり販売しているので、安心してお買い求めいただけます。  (「北陸の海の幸を買うなら 金沢港いきいき魚市 石川県」より)]

厚生食堂 – 金沢市その他/魚介料理・海鮮料理 [食べログ]

金沢港いきいき魚市 – Google Map 画像リンク

カメラ北東方向が金沢港いきいき魚市で、カメラ北方向・かなざわ総合市場端に厚生食堂があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*