「葛原親王屋敷伝承地」の碑

マーカーは「葛原親王屋敷伝承地」の碑です。

葛原親王
[葛原親王(かずらわらしんのう、延暦 5 年 11 月 7 日( 786 年 12 月 1 日) – 仁寿 3 年 6 月 4 日( 853 年 7 月 13 日))は、平安時代初期の皇族。桓武天皇の第三皇子。官位一品大宰帥桓武平氏の祖。
延暦 17 年( 798 年)異母兄弟の大伴皇子(後の淳和天皇)と共に元服。延暦 22 年( 803 年)四品治部卿に叙任される。
延暦 25 年( 806 年)平城天皇の即位後まもなく大蔵卿に任ぜられ、弾正尹を経て、大同4年(809年)三品に任ぜられる。弘仁元年(810年)薬子の変に前後して式部卿に遷ると嵯峨朝ではこれを 10 年以上務め、弘仁 3 年( 812 年)大宰帥を兼ね、弘仁 7 年( 816 年)には二品に叙せられている。
弘仁 14 年( 823 年)淳和天皇の即位後に弾正尹に遷り、天長 2 年( 825 年)には子息を臣籍降下させ平朝臣姓を称することを上奏して許さている。天長 7 年( 830 年)式部卿に復し、翌天長 8 年( 831 年)には託基皇女以来 80 年ぶりに一品に叙せられている。こののちも、約 20 年の長きに亘って式部卿を務め、この間の承和 2 年( 835 年)に甲斐国巨麻郡(現在の山梨県南アルプス市)の牧であった「馬相野空閑地五百町」を与えられている。嘉祥 3 年( 850 年)文徳天皇の即位後に、再度大宰帥に任じられている。
仁寿 3 年( 853 年) 6 月 4 日薨去享年 68 。最終官位は一品大宰帥。遺言により葬儀は質素なものとしたという。伝承の墓所と邸宅跡地が京都府乙訓郡大山崎町にある。
親王として諸官を歴任したが、特に式部卿については、弘仁元年( 810 年)に任官ののち、途中弘仁 14 年( 823 年)から天長 7 年( 830 年)の期間を除いて、嘉祥 3 年( 850 年)に大宰帥に転任するまでの 33 年間にわたってその職にあり、六国史の薨伝において「久在式部 諳職務 凡在旧典 莫不達練 挙朝重之」と親王自身が政務に熟達し、朝廷で重んじられていたことが記されている。
幼少から俊秀として知られていた。史伝を精読しており、歴史上の成功あるいは失敗例を以て自らの戒めとしたという。恭しく慎み深い性格で、傲り高ぶるようなことがなかった。  (wikipedia・葛原親王より)]

「葛原親王屋敷伝承地」の碑
[大山崎町円明寺に“葛原(かつらはら)”という地名がある。そばに円明寺が丘団地が広がるところ。桓武天皇( 781 ~ 806 )の皇子・葛原親王ゆかりの地といわれる。
葛原親王( 786 ~ 853 )は第三皇子とも第五皇子だったとも記録されているが、大山崎町に河陽離宮をおいた嵯峨天皇の異腹の兄弟であり、四品治部卿から大蔵卿、弾圧尹、式部卿、中務卿など、当時の朝廷政府の要職を経て、一品(第一位の親王)にまで昇進した。愛人が多く、子も多かった桓武天皇の皇子の中でも、エリートだったわけだが、王朝の権門にこびることなく、また、権門をカサにきることなく、いや、皇族きらいとして 68 歳の一生を終えた。
史書は伝えている。「物におごらず、書物を歴覧して、古今の成敗をもって自らを戒め、子に王の称号をやめて…」(大山崎史談会)、という。そして、二人の子には“平朝臣”の姓を請い受けて、いわゆる“桓武平氏”の祖となった。臣籍降下だ。
親王の孫が、名実ともに“平氏”を名のった高望王。その孫が平将門で、親王の“玄孫”ということになる。
団地以前、竹やぶの中に“丸山”と呼ばれる古塚があった。これが、親王の墓とも火葬地とも伝えられてきた。墓が語り伝えただけだったのは、親王が遺名として、死後は手厚く葬ることを固く禁じ、また朝廷の監督保護を固く辞退したためだという。皇族きらいの親王をほうふつとさせる話だが、その足跡は、確かにこの地に残されている、とされている。
桓武天皇の皇后ら、乙訓にゆかりの御陵が多いこと。親王の兄・淳和天皇は物集女で火葬、小塩山に陵が指定されていること。親王の弟に、山崎の地名をとった賀陽親王の名があること-などから、さらに、地名の葛原と親王の名が一致することから、親王の墓があっても不思議ではないという。
この“伝承地”付近から、石棺の一部とみられる板石が掘り出されたことがある。長い間、農道用として、近くを流れる久保川の橋がわりに使われていた。親王の石棺であったかどうかは、明らかではないが、形や大きさから、ゆかりの地を裏付けるものとして、そのままこの板石を利用。昭和 44 年 6 月、「葛原親王塚伝承地」の碑が建てられた。  (「桓武平氏の祖 – 大山崎町商工会」より)]

葛原親王塚伝承地 – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向公園南西角付近に「葛原親王屋敷伝承地」の碑があります。