アサヒビール大山崎山荘美術館

マーカーはアサヒビール大山崎山荘美術館です。

アサヒビール大山崎山荘美術館
[アサヒビール大山崎山荘美術館(あさひびーる・おおやまざきさんそうびじゅつかん)は、京都府乙訓郡大山崎町にある京都府の登録博物館。運営は、財団法人アサヒビール芸術文化財団。大阪府と京都府の境にある天王山の山腹に位置し、真下に木津川宇治川桂川の三川が淀川へと合流する美しい風景を見ることができる。
大山崎山荘美術館のコレクションの中核は、朝日麦酒株式会社(現アサヒビール)の創業者として知られる関西の実業家・山本為三郎の収集したコレクションである。彼は大正から昭和初期に柳宗悦らが提唱した「日本民藝運動」の賛同者であり支援者でもある。大山崎山荘には民芸運動にかかわる河井寛次郎バーナード・リーチ濱田庄司富本憲吉棟方志功および芹沢銈介といった作家たちとの交流の中で収集された作品が展示されている。陶磁器・染織・絵画などの作品や、彼らにインスピレーションを与えた李氏朝鮮の古陶磁、イギリススリップウェアなどの古陶磁といった、生活用品でもあった美術品がおさめられているが、これらは山本自身が日常親しく愛用したものばかりである。ほかにも、クロード・モネの絵画『睡蓮』連作を複数所有するほか、モーリス・ド・ヴラマンクアメデオ・モディリアーニパウル・クレーイサム・ノグチアルベルト・ジャコメッティヘンリー・ムーアなど、第二次世界大戦前後の近現代美術も展示されている。
建物は実業家・加賀正太郎が1932年の昭和初期に完成させた三階建てのイギリス・チューダー様式の山荘である本館と、それとは別に隣接して地下に作られた安藤忠雄設計の現代建築の新館「地中の宝石箱」からなる。山荘は戦後に荒廃していたが、保存運動が高まり1996年に今日のように私立美術館として再生された。

山荘本館外観・wikipedia-photo

山荘本館・wikipedia-photo

山荘内部・wikipedia-photo

地中館への通路・wikipedia-photo

  (wikipedia・アサヒビール大山崎山荘美術館より)]

アサヒビール大山崎山荘美術館 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向がアサヒビール大山崎山荘美術館正面門です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*