上津屋橋(流れ橋)

マーカーは上津屋橋(流れ橋)です。

上津屋橋
[上津屋橋(こうづやばし)は、日本の京都府久世郡久御山町八幡市を結ぶ、木津川に架けられた木橋である。川が増水すると橋桁が流される独特の構造を持つ流れ橋の代表的なものであることから、「流れ橋(ながればし)」の名で呼ばれることが多く、また、「木津川流れ橋(きづがわ ながればし)」「八幡流れ橋(やわた ながればし)」などといった異名で呼ばれることもある。橋長(全長)356.5m、幅3.3m。
上津屋橋は、京都府道281号八幡城陽線の一部に指定されている。歩行者と自転車の専用橋となっており、周辺住民の生活道路として重要な役割を果たしている。一たび橋桁が流失してしまうと利用者は約500m下流側にある第二京阪道路一般部の新木津川大橋などへ迂回することになる。新木津川大橋の開通までは、数km離れた別の橋を使っての迂回を余儀無くされていた。
上津屋橋の周囲は堤防の外側(注:河川の堤防は、市街地側が内側[堤内])であるため、主に茶畑として利用されており、民家や電柱などが存在しない。また、昔ながらの雰囲気を持った木橋であり、映画産業が盛んな京都市から近いことから、時代劇のロケ地としても有名である。周辺の木津川には野鳥の他、ヌートリアが生息しており、橋の上から泳ぐ姿がよくみられる。

上津屋橋・wikipedia-photo

「2009年(平成21年)10月には台風18号の被害を受け、橋脚を残すのみとなった。」・wikipedia-photo

2015(H27)年度の大幅改修後の上津屋橋。wikipedia-photo

2015年度の全面改修の際、橋桁は直径30 – 40 cmの北山杉156本を使用した。2016年5月撮影・wikipedia-photo

  (wikipedia・上津屋橋より)]

上津屋橋(流れ橋) – Google Map 画像リンク

上津屋橋(流れ橋)八幡市側のカメラです。

上津屋橋(流れ橋)久御山町側のカメラです。

上津屋橋(流れ橋)久御山町側橋下のカメラです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*