乙訓寺

マーカーは乙訓寺です。

乙訓寺
[乙訓寺(おとくにでら)は京都府長岡京市にある真言宗豊山派の寺院。牡丹の寺として知られる。
寺伝では推古天皇命により聖徳太子が建立したと言われている古刹である。創建の正確な事情や時期は未詳であるが、境内出土の瓦の年代から、長岡京造営以前、奈良時代の創建と推定されている。
延暦3年(784年)桓武天皇が長岡京を造営した際には都の地鎮として大規模に増築されている。また藤原種継暗殺事件の首謀者の嫌疑をかけられた早良親王が幽閉された場所でもあるとされ、空海が一時住したともいわれる。 長岡京が廃都となっても大規模な伽藍を擁し室町時代でも10を越す僧坊があったという。(事実、隣接する長岡京市立長岡第三小学校の大部分は学校建設前は寺の敷地であった。)
今でこそ牡丹の寺として有名であるが牡丹を植生する前の往年は寂しい佇まいの寺であった。現在、豊山派総本山である長谷寺より2,000株の牡丹が移植されている。見頃は4月下旬より5月上旬。
表門・wikipedia-photo

  (wikipedia・乙訓寺より)]

乙訓寺公式サイトトップページ

乙訓寺資料リンク
都名所図会」・「巻之四 右白虎再刻 乙訓寺」、「巻之四 右白虎再刻 大慈山乙訓寺 (乙訓寺)解説
乙訓寺(拡大図)

大慈山 乙訓寺 – Google Map 画像リンク

カメラ北北西方向が乙訓寺表(南)門です。

乙訓寺表(南)門内のカメラです。

カメラ北西方向に十三重石塔、その右に鐘楼、左の屋根は本堂、鐘楼右に毘沙門天堂、庫裏、カメラ西方向に日限地蔵尊、その奥に地蔵堂があります。

地蔵堂前のカメラで、カメラ東方向に日限地蔵尊、カメラ北方向左から本堂、本堂前に弘法大師像、本堂右に鐘楼、十三重石塔、毘沙門天堂、庫裏があります。

カメラ北方向が乙訓寺本堂前で、本堂右に鐘楼、カメラ西方向に八幡社があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*