光明寺

マーカーは光明寺です。

光明寺
[光明寺(こうみょうじ)は、京都府長岡京市にある寺院。西山浄土宗総本山。法然が初めて「念仏」の教えを説いた地である。また、紅葉の名所としても広く知られる。
奈良へ学匠となるべき師を求めて比叡山延暦寺を下ってきた24歳の法然が、粟生野の里の村役だった高橋茂右衛門宅に一夜の宿を借りた際、茂右衛門夫妻は法然の真剣な求法の気持ちと、広く大衆が救われる道を求めての旅であることを聞いて「まことの教えを見いだされましたならば、先ず最初に私共にその尊いみ教えをお説き下さいませ」と法然にお願いした。
そして承安 5 年( 1175 年)3 月、ついに浄土宗を開いた法然は 20 年前の約束を守ろうと、この地で初めて念仏の法門を説いた。こうして法然が初めて「お念仏」の教えを説いた地であることからこの地は「浄土門根元地」といわれている。
その後、法然を慕い帰依した弟子の蓮生(熊谷直実)が、建久 9 年( 1198 年)に法然ゆかりの当地に念仏三昧堂を建立し、法然から「念仏三昧院」の寺号を頂戴したのが光明寺の直接の始まりである。建永 2 ( 1207 年) 9 月 4 日に熊谷で予告往生を遂げた蓮生の遺骨は、遺言により当寺に安置されたという。
嘉禄 3 年( 1227 年)に起こった嘉禄の法難の際にはここで法然の遺骸を荼毘に付し、廟堂が建てられた。その際に法然の石棺からまばゆい光明が発せられたという。四条天皇はそのことを聞いて、光明寺の勅額をあたえ、寺名を改めた。
法然の弟子である西山上人証空が西山義の教えを広めていき、浄土宗西山派が成立していくが、その弟子の浄音が証空の教えの上に更に自らの考えをも交えて西谷(せいこく)流を唱えだし、光明寺の他に禅林寺(永観堂)も主な拠点として西山義、西谷流の教えを広めた。
1876 年(明治 9 年)には光明寺は浄土宗西山派の西本山となる。だが、 1919 年(大正 8 年)に浄土宗西山派はそれぞれの考えの違いから浄土宗西山光明寺派(戦後に西山浄土宗となる)、浄土宗西山禅林寺派浄土宗西山深草派の三つに分裂してしまい、現在に至る。
敷地6.6ヘクタール、建造物は33棟でそのうち17棟が市指定文化財である。
境内
御影堂(本堂) – 宝暦 3 年( 1753 年)再建。
阿弥陀堂 – 寛政 11 年( 1799 年)再建。御影堂とは渡り廊下で繋がっている。
御本廟 – 法然の廟所。遺骨を 7 日間供養して分骨し、その一部を当地に葬り、廟堂を作った。
法然上人荼毘所 – 法然火葬地跡。安貞 2 年( 1228 年) 1 月 25 日、嘉禄の法難の際、法然の 17 回忌に当たるこの年にここで遺骸を荼毘に付した。

総門・wikipedia-photo

表参道 – 女人坂・wikipedia-photo

もみじ参道・wikipedia-photo

薬医門・wikipedia-photo

勅使門と信楽庭・wikipedia-photo

阿弥陀堂・wikipedia-photo

御影堂・wikipedia-photo

  (wikipedia・光明寺_(長岡京市)より)]

京都 総本山 光明寺ホームページ

光明寺境内図(「オープンストリートマップ」より。)

  
[境内の参道両側にあるもみじが、晩秋には色鮮やかに紅葉するのが有名です。  (「光明寺(こうみょうじ) | 長岡京市公式ホームページ」より)]

光明寺資料リンク
都名所図会」・「巻之四 右白虎再刻 粟生光明寺 (光明寺)」、「巻之四 右白虎再刻 報国山光明寺 (光明寺)解説
粟生光明寺 (光明寺)(拡大図)

光明寺 総門 – Google Map 画像リンク」、「もみじ参道 (薬医門) – Google Map 画像リンク」、「光明寺(西山浄土宗総本山) – Google Map 画像リンク」、「光明寺 阿弥陀堂 – Google Map 画像リンク」、「光明寺 勅使門 – Google Map 画像リンク

光明寺のストリートビューで、西南西方向が光明寺総門です。

光明寺山門内ストリートビューで、カメラ方向右が表参道、左がもみじ参道です。

もみじ参道のカメラです。

もみじ参道・薬医門前のストリートビューです。

勅使門前のストリートビューです。

光明寺本堂前のストリートビューです。

阿弥陀堂前のストリートビューです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*