内神社

マーカーは内神社です。

内神社
[内神社(うちじんじゃ)は、京都府八幡市内里内にある神社。式内社で、旧社格は村社。
社伝では、山城内臣の死後に祀ったのが創建とされる。相殿に祀られる味師内宿禰は、山城内臣の祖神として後に合祀されたと考えられている。山城内臣の詳細は不明で、人名ではなく氏族名とも考えられ、『新撰姓氏録』には「大和国 内臣 孝元天皇皇子彦太忍信命之後也」という氏族としての内臣の記載がある。
延長5年(927年)成立の『延喜式神名帳では山城国綴喜郡に「内神社二座」と記載され、式内社に列している。中世には「春日宗像神社」と称されていた。
神社明細帳』によると、室町時代大永の戦乱に遭い、天正年間に現在地に遷座されたという。旧社地は当社南東にあり、現在も「内里古宮」という字として残っている。
平成13年10月から14年9月まで「内里区造営事業」として、現在の本殿及び境内が整備された。
境内
境内は内里の集落の西端に位置し、周囲には水田が広がる。本殿は一間社流造、屋根は銅板葺で、平成14年の造営になる。
本殿の左脇には旧本殿が立っている。現本殿同様、一間社流造で銅板葺である。平成13年から14年の整備に際して、現本殿の鎮座地から移築保存された。それに伴って寛保3年(1743年)の墨書銘が発見され、ある程度の建築年代特定がなされている。建物は京都府登録文化財に登録されている。

境内入口・wikipedia-photo

拝殿・wikipedia-photo

旧本殿(京都府登録文化財)・wikipedia-photo

本殿・wikipedia-photo

  (wikipedia・内神社より)]

延喜式内内神社 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が内神社参道です。