円明教寺

マーカーは円明教寺です。

円明教寺
[円明教寺は真言宗東寺派山号は医王山といいます。本尊薬師如来坐像(木造・平安時代)で、日光月光両菩薩の薬師三尊が安置され、その両脇に毘沙門天立像(木造・平安時代)・地蔵菩薩立像(木造・鎌倉時代)はじめ十二神将不動明王弘法大師も祀られています。
 鎌倉時代・一条家の山荘であったとき、伏見法皇後伏見院もおとづれたが、鎌倉時代末京都周辺の戦乱に会って荒廃したようで、応仁の乱以後は一条家管領の名はあっても有名無実となり、衰退してしまいました。江戸時代初期には薬師堂と呼ばれ、弘化三年(1846)に無住となり、観音寺から住職が派遣されていました。当時は真言宗隋心院(京都・山科)の末寺であったが、現在は東寺派で住職は愛媛県道音寺の兼務です。
 円明教寺門前の御茶屋池は九条池とも呼ばれているが、 西園寺公経が円明寺を譲り受けてこの池を配し、寺の境内を取り込んだ広大な円明寺山荘を造営しました。池の周辺から庭園の中島、石垣などの遺構が見つかっています。公経が造った多くの庭園の中で、現在もその面影を伝えているのは「金閣寺の池」と「御茶屋池」だけとなっています。  (「円明教寺とお茶屋池」より)]

「円明教寺~明智光秀本陣跡 ( 京都府 ) – kor**kor*_ishik*r*のブログ .」

円明教寺 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向が円明教寺山門です。