円福寺

マーカーは円福寺です。

円福寺(えんぷくじ)
[天明3年(1783)白隠四天王のひとり、斯経によって妙心寺末の臨済宗修行道場として創立された。南山焼の浅井周斎(1720~1800)らの寄附を得て寺様が整えられた。今も、多くの雲水の修行する姿が見られる。
万人講は、円福寺で修行する雲水が毎月、日供講中の各家を日供米托鉢に廻り、毎年4月20日と10月20日の春秋2回、講中先を招待する「講中斎万人講」として開催されている。万人講では、日本最古といわれる「達磨大師座像」(重要文化財)を拝し、赤膳でおときを頂くと開運、厄除け、中風に霊験あらたかと、古来より深く信仰されてきた。近年は、この万人講に全国各地から霊験にあやかろうと、約1万人を越える参詣者が訪れている。  (「一般社団法人八幡市観光協会 – 仏閣」より)]

円福寺ホームページ

円福寺境内図(Google Map 画像)

拾遺都名所図会」・「巻之四 前朱雀 円福寺
円福寺(拡大図)

達磨堂 円福寺 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が円福寺参道です。

円福寺山門前のカメラです。

円福寺山門(Google Map 画像)

円福寺本堂・大書院玄関(Google Map 画像)

円福寺禅堂(Google Map 画像)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*