勝龍寺城土塁 空堀跡

マーカーは勝龍寺城土塁 空堀跡です。

勝龍寺城土塁・空堀跡
[永禄 11 ( 1568 )に、足利義昭を奉じて織田信長が入京すると、それに従った細川藤孝(のちの幽斎)は、しばらく勝龍寺城に入りました。
 藤孝は、元亀 2 ( 1571 )に、信長の許可を得て勝龍寺城の改修を行いました。ここに現存する土塁空堀は、城下町を囲うように設けられた外郭線の一部で、その時の改修に伴うものと考えられています。天正 8 年( 1580 )に藤孝は丹後移封となり、翌 9 年には信長の近臣である矢部家定猪子高就(いのこたかなり)が勝龍寺城の城代となります。天正 10 年の山崎の合戦では、明智光秀の軍勢が陣取りますが、その後廃城となりました。
 勝龍寺城本丸の北東に位置するこの土塁・空堀跡は、東西約 50 m 、堀の底からの高さ約 6 m が残っています。土塁の西端は南北方向の土塁と連結し、複雑な構造となっています。空堀は土塁に沿って北側から東側にかけて掘られ、南北土塁から東へ約 20 m のところには、土橋を架けて横矢架かり虎口(こぐち)をつくり、敵が容易に城内へ入れない仕組みになっています。
 これらの築城技術は、藤孝が信長から取り入れたものと考えられます。
短期間で使用を終えたため、築城の時期が特定できる大変貴重な遺構です。
        平成 27 年 3 月    長岡京市  (「勝龍寺城土塁・空堀跡案内板(画像リンク)」より)]

勝龍寺城跡の土塁・空堀の発掘調査 1 – 長岡京市埋蔵文化財 …

勝龍寺城土塁 空堀跡 – Google Map 画像リンク

カメラ南南東方向が勝龍寺城土塁 空堀跡です。