善法律寺

マーカーは善法律寺です。

善法律寺
[善法律寺(ぜんぽうりつじ)は律宗の寺である。建物は本堂を中心に庫裡阿弥陀堂、聖天堂が配されている。その本堂は、弘安年間(1278〜1288)に石清水八幡宮社殿を移して建立したものという。寺は石清水八幡宮検校であった善法寺宮清が正嘉年間(1257〜1258)に私邸を喜捨して創立し、奈良東大寺から実相上人を招いて開山したことに始まる。
室町時代には、善法寺通清の娘紀良子が将軍足利義詮に嫁ぎ、3代将軍足利義満の母となった。義満は神社信仰に篤く、特に八幡宮を崇敬したため、20数回も八幡を訪れている。以後の足利義教足利義政も繁けく往来し、将軍家と善法寺家との密接な関係が続いた。従って律寺も足利家の庇護を得て隆盛を極めたのである。
良子は善法律寺へ自分の好きな紅葉の樹をたくさん寄進したという。別名「紅葉寺」と呼ばれている。本堂に安置されている八幡大菩薩(僧形八幡)は、明治元年(1868)に神仏分離が行われるまで石清水八幡宮の殿内に安置されていたという。等身彩色の座像は、左手に宝珠、右手に錫杖を持つ鎌倉時代の作である。境内は自由。本堂内は要予約。  (「仏閣 – 一般社団法人 八幡市観光協会」より)]

善法律寺 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が善法律寺山門です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*