大山崎瓦窯跡

マーカーはカメラ位置です。

大山崎瓦窯跡
[京都府西南端の、水運、陸運の要衝の地に所在する、平安宮の所用瓦を焼成した平安時代前期の瓦窯跡である。 6 基のを確認した。当時は平安京周辺各地の多数の瓦窯で大量の瓦を生産し、平安宮・京の造営を支えた。大山崎瓦窯跡はこの様な平安宮・京造営のための官営の瓦窯の一つである。大山崎瓦窯跡から出土した軒瓦は、平安宮朝堂院をはじめ、嵯峨院、河陽離宮に供給したことを確認している。
 平安京に瓦を供給した瓦窯は、これまで栗栖野瓦窯跡西賀茂瓦窯跡吉志部瓦窯跡等が知られていた。大山崎瓦窯跡と西賀茂瓦窯跡や吉志部瓦窯跡から出土した瓦の比較では、瓦に文様を付けるための笵や工人の移動についても推測でき、官営の瓦窯相互の関係を示すものである。一方、大山崎瓦窯跡独自の笵で製作した瓦もみられ、これは平安時代前期の瓦供給の図式に新たな知見を加えるものである。
大山崎瓦窯跡は、平安宮造営期の瓦生産の実態を良く示すとともに、他の瓦窯跡との関連から当時の生産体制の様相を示す上でも重要である。  (「大山崎瓦窯跡 文化遺産オンライン」より)]

大山崎瓦窯跡 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向に大山崎瓦窯跡碑が設置され、カメラ南方向に大山崎瓦窯跡案内板があります。またカメラ北北西方向が天王山の登り口になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

*