大阪城残念石

マーカーはカメラ位置です。

大阪城残念石
[閘門の下流側には、「残念石」と言うものがあります。これは1620年以降、大阪城再建のため、廃城になった伏見城の城石を運んだもので、途中船から川に転落、目的を果たせなくて残念だ、ということからこう呼ばれています。淀川改修のさい、引き上げられてこの地に置かれているらしい。石には江戸時代の刻印があります。  (「淀川河川公園 大山崎地区 地区会議 会議録 – 淀川河川事務所」より)]

残念石 – Google Map 画像リンク

カメラ位置は淀川河川公園 大山崎地区で、河川敷地に「残念石」が見られます。