妙喜庵

マーカーは離宮妙喜庵です。

妙喜庵
[妙喜庵(みょうきあん)は京都府乙訓郡大山崎町にある仏教寺院。山号は豊興山。妙喜禅庵とも称する。江戸時代一時地蔵寺の塔頭であったが、現在は臨済宗東福寺派に属する。
室町時代明応年間(1492年 – 1501年)の開創。開山は東福寺開創聖一国師法嗣・春嶽士芳。国宝茶室「待庵(たいあん)」があることで知られる。連歌師山崎宗鑑の屋敷(對月庵)を宗鑑退去(大永3年(1524年)ごろ)後寺庵に改めたとの伝えもあるが、春嶽は永正6年(1510年)にすでに没している。また、大山崎集落の大阪府側(島本町山崎)には宗鑑旧居跡(宗鑑井戸)の伝えもある。これらのことから「妙喜庵=宗鑑旧居跡」説は成立しがたい。
待庵
国宝。日本最古の茶室建造物であると同時に、千利休作と信じうる唯一の現存茶室である。現在一般化している、にじり口が設けられた小間(こま)の茶室の原型かつ数奇屋建築の原型とされる。寺伝には、天正10年(1582年)の山崎の戦いのおり羽柴秀吉の陣中に千利休により建てられた二畳隅炉の茶室を解体し移築したとある。慶長11年(1606年)に描かれた「宝積寺絵図」には、現在の妙喜庵の位置あたりに「かこひ」(囲い)の書き込みがありこのときにはすでに現在地に移築されていたものと考えられる。同図には、妙喜庵の西方、現在の島本町の宗鑑旧居跡付近に「宗鑑やしき」そして「利休」の書き込みもあり、利休がこの付近に住んでいたことを伺わせる。したがって待庵はこの利休屋敷から移築されたとも考えられる。
待庵を見学するには、およそ1か月前までに往復はがきによる予約が必要であり、見学が許可された場合も、にじり口からの見学で、内部に立ち入ることはできない。近くの大山崎町歴史資料館には待庵の創建当時の姿の原寸大復元模型が展示されている。

正面・wikipedia-photo

玄関・wikipedia-photo

  (wikipedia・妙喜庵より)]

都林泉名勝図会」・「巻之五妙憙菴 (妙憙庵)」、「巻之五 山崎妙憙菴 (妙憙庵)解説

妙喜庵 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向が妙喜庵です。