山崎古戦場跡

マーカーは山崎合戦の案内板です。

山崎古戦場跡
[羽柴軍・明智軍、両軍は 12 日頃から円明寺川(現・小泉川)を挟んで対陣する。羽柴軍は前夜に中川清秀高山右近摂津衆が山崎の集落を占拠し最前線に着陣、池田恒興らが右翼に、黒田孝高羽柴秀長神子田正治らが天王山(標高 270 m )山裾の旧西国街道に沿って布陣し、羽柴秀吉の本陣はさらに後方の宝積寺に置かれた。これに対して明智軍は御坊塚の光秀の本陣の前面に斎藤利三阿閉貞征(貞秀)、河内衆、旧幕府衆らが東西に渡って防衛線を張るように布陣し、迎え撃つ構えを取った。当時の山崎には沼地が広がっていたため大軍が通過できるのは天王山と沼の間の狭い空間に限られ、明智軍がその出口に蓋をした形となっている。
局地的な戦闘はあったものの、翌 13 日(雨天だったと言われる)も対峙は続く。同日午後 4 時頃、天王山の山裾を横切って高山隊の横に陣取ろうと移動していた中川隊に斎藤隊の右側に布陣していた伊勢貞興隊が襲い掛かり( →「成句「天王山」」)、それに呼応して斎藤隊も高山隊に攻撃を開始し戦端が開かれた。斎藤・伊勢隊の攻撃を受けた中川・高山両隊は窮地に陥るが、秀吉本隊から堀秀政の手勢が後詰に到着したことで持ちこたえる。天王山麓に布陣していた黒田・秀長・神子田らの部隊は前方に展開し、中川・高山両隊の側面を突くべく天王山中腹を進撃してきた松田政近並河易家両隊と交戦し、攻防が続いた。
戦局が大きく動いたのは一刻後、淀川(旧流域)沿いを北上した池田恒興元助父子と加藤光泰率いる手勢が、密かに円明寺川を渡河して津田信春を奇襲。津田隊は三方から攻め立てられ、雑兵が逃げ出したこともあり混乱をきたす。また、池田隊に続くように丹羽隊・信孝隊も右翼から一斉に押し寄せ、光秀本隊の側面を突くような形となった。これを受けて苦戦していた中川・高山両隊も斎藤・伊勢両隊を押し返し、動揺が全軍に広がった明智軍はやがて総崩れとなった。御牧兼顕隊は「我討死の間に引き給え」と光秀に使者を送った後、勢いづく羽柴軍を前に壊滅。光秀は戦線後方の勝竜寺城に退却を余儀なくされるが、主力の斎藤隊が壊走し戦線離脱、黒田孝高らの隊と交戦していた松田政近、殿を引き受けた伊勢貞興らが乱戦の中で討死するなど打撃を受けた。
一方の羽柴軍も前線部隊の消耗が激しく、日没が迫ったこともあり追撃は散発的なものに留まったが、それ以上に明智軍では士気の低下が著しく、勝竜寺城が大軍を収容できない平城だったこともあって兵の脱走・離散が相次ぎ、その数は 700 余にまで減衰した。明智光秀勝龍寺城を密かに脱出して居城坂本城を目指して落ち延びる途中、小栗栖の藪(京都市伏見区、現在は「明智藪」と呼ばれる)で土民の落ち武者狩りに遭い、そこで竹槍に刺されて絶命したとも、何とか逃れたものの力尽きて家臣の介錯により自刃したとも伝えられる( →「成句「三日天下」」)。光秀の首は翌日には羽柴軍に届き、京都本能寺、次いで粟田口で晒された。  (wikipedia・山崎の戦いより)]

[天下分け目の天王山
  山崎合戦
 織田信長の天下統一は目前に迫っていた。天正 10 年( 1582 ) 6 月 2 日、毛利攻めの総仕上げに向かうため京・本能寺にあった信長を丹波亀山城主で家臣の明智光秀が急襲したのである。手勢僅かの信長は紅蓮の炎の中で亡くなってしまう。世に言う「本能寺の変」の勃発である。この変によって光秀はポスト信長の最右翼に躍進した。
 3 日「信長死す」の知らせは備中高松城毛利の先鋒清水宗治と対峙していた羽柴秀吉の元にも届く。秀吉は黒田官兵衛の進言により戦を納めるため毛利との講和を急いだ。城主の切腹、開城を条件に講和を固めることができた。毛利の主力が引き上げるのを確認すると、世に言う「中国大返し」の始まりである。 1 日に 50 キロ以上を移動し京へ向けて突き進んだ。一方光秀は、京周辺の武将に同心、与力を求めた書状を送るも応じる武将は少なく、娘が嫁いだ丹後の細川藤孝忠興親子にも見放されてしまった。 12 日羽柴軍は摂津高田に進行。光秀は京から桂川を渡り、長岡・勝龍寺付近に主力を展開した。 13 日午後 4 時頃、大山崎荘の町場外れを流れる円明寺川(現小泉川)を挟んで羽柴軍 3 万 6 千、光秀軍 1 万 5 千の軍勢が対峙した。そして午後 4 時 30 分頃合戦の火蓋が切って落とされる。高山右近や中川清秀、池田恒興等摂津にいる主要な武将を味方につけた秀吉軍は一方的に攻め、僅か 1 時間余りで勝利を収めた。
 大山崎の住人は合戦に巻き込まれることなく済んだことに安堵したことであろう。
 勝利した秀吉は天王山頂から山麓に山崎城を築城し、大山崎から天下統一を目指すことになる。  (「山崎合戦案内板(画像リンク)」より)]

山崎古戦場跡 – Google Map 画像リンク

カメラ北西方向が山崎古戦場跡碑で、その先に山崎合戦の案内板があります。