山崎院跡

マーカーは山崎院跡碑です。

山崎院跡
[山崎院は,奈良時代の高僧行基によって創建された寺院。行基は神亀 2 ( 725 )年に山崎に来て,淀川山崎橋を架けた。橋を管理し,あわせて行基の教えを広める道場として,天平3(731)年に山崎院を建立した。この石標は山崎院の跡を示すものである。
 なおこの石標は KA125 平安宮一本御書所跡 KA126 平安宮内裏綾綺殿跡 KA127 平安宮内裏弘徽殿跡 KA133 平安宮内承香殿跡 KA134 聚楽第南外濠跡 KA135 平安宮内裏宜陽殿跡 KA136 平安宮内裏昭陽舎跡 KA141 平安宮大蔵省跡 NA154 平安宮西限藻壁門跡 GA011 寺戸大塚古墳とともに,平成 18 年から 20 年にかけて全京都建設協同組合創立五十周年記念事業として建立された 11 基の石標のひとつである。
所在地 京都府乙訓郡大山崎町大山崎上ノ田
位置座標 北緯 34 度 53 分 37.6 秒/東経 135 度 40 分 55.5 秒(世界測地系)
建立年 2006 年
建立者 大山崎町
寸 法 高 125 × 幅 20 × 奥行 20 cm
碑 文
[北東]
山崎院跡
[南西]
(有)システムケイコー (有)小林設計工務 (株)近藤電業社
寄贈
(有)福島晴芳園 (株)京滋ステップ 西尾レントオール(株)
[北西]
全京都建設協同組合
創立五十周年記念
[南東]
平成十八年十月 大山崎町建立
調 査 2008 年 1 月 28 日  (「 GA007 山崎院跡 – 京都市」より)]

山崎院跡 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向が山崎院跡碑です。