桓武天皇皇后陵(伝高畠陵古墳)

マーカーは桓武天皇皇后陵(伝高畠陵古墳)です。

桓武天皇皇后陵(伝高畠陵古墳)
[藤原乙牟漏
藤原乙牟漏(ふじわら の おとむろ、天平宝字4年(760年) – 延暦9年閏3月10日(790年4月28日))は、奈良時代末期の皇妃。第50代桓武天皇皇后、第51代平城天皇・第52代嵯峨天皇の生母となった。父は藤原式家藤原良継、母は阿倍粳蟲の娘で尚侍尚蔵(就任時期不明)・阿倍古美奈
山部親王の許に入内し、宝亀5年(774年)8月に小殿親王(後に改名して安殿)を産んだ。
天応元年(781年)4月15日には山部親王が即位して桓武天皇となり、延暦2年(783年)2月5日には無位から正三位に叙される。2月7日には夫人(ぶにん)となり、4月には皇后に立てられる。同4年(785年)には安殿親王(後の平城天皇)が立太子される。
延暦5年(786年)には神野親王(後の嵯峨天皇)を産む。同8年(789年)には高志内親王を産む。同9年(790年)閏3月10日に31歳で崩御し、高畠陵(長岡陵、京都府向日市)に葬られた。大同元年(806年)には即位した平城天皇により、皇太后を追贈された。『続日本紀』によると、「后姓柔婉にして美姿あり。儀、女則に閑って母儀之徳有り」と記されており、「乙牟漏皇后は美しい方で、温和なお人柄であられた。礼儀正しく、良き母であられた」という意味である。
天之高藤廣宗照姫之尊 高畠陵(ただし考古学的には古墳時代前期(4世紀代)の首長墓とされ、「伝高畠陵古墳」と称される。)・wikipedia-photo

  (wikipedia・藤原乙牟漏より)]

桓武天皇皇后 天之高廣宗照姫之 高畠陵 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が桓武天皇皇后陵(伝高畠陵古墳)です。