楠木正成公の楠・築地塀

マーカーは楠木正成公の楠です。

関連ページ – 石清水八幡宮一ノ鳥居石清水八幡宮頓宮五輪塔(航海記念塔)高良神社神幸橋下馬碑大扉稲荷社・影清塚石清水社・石清水井石清水八幡宮三ノ鳥居一ッ石エジソン記念碑石清水八幡宮 東総門石清水八幡宮 北総門石清水八幡宮 西総門石清水八幡宮 校倉石清水八幡宮

楠木正成公必勝祈願参拝の際奉納の大楠
[北方系植物相と南方系植物相の境界に位置する男山には、京都府指定天然記念物のクスノキの巨木があり、最大のクスノキは根周り18m、樹高30m、樹冠40mあります。
洛陽名所集』によると、「戦勝軍利を祈り、楠千本を八幡山にうへけり」とあり、楠木正成公が建武元(1334)年に必勝祈願参拝の折に奉納したとされる樹齢700年にせまる大木です。  (「楠木正成公必勝祈願参拝の際奉納の大楠 – 石清水八幡宮」より)]

築地塀
[通称「信長塀」とも呼ばれ、織田信長公が好んで採用した様式といわれています。瓦と土を幾重にも重ねることにより、当時の築塀における課題であった鉄砲の銃撃や耐火性、耐久力に優れていたとされています。  (「築地塀 – 石清水八幡宮」より)]

石清水八幡宮境内図(拡大元図)

御神木 大楠公手植えの楠 – Google Map 画像リンク」、「楠木正成公の楠 – Google Map 画像リンク

カメラ西南西方向築地塀向こうが楠木正成公の楠で、石清水八幡宮本殿を囲んで築地塀があります。