正法寺

マーカーは正法寺です。

正法寺
[正法寺(しょうぼうじ)は、京都府八幡市にある浄土宗の寺院。山号は徳迎山。本尊阿弥陀三尊像。
この寺は、源頼朝御家人石清水八幡宮社家志水氏の祖となった高田忠国が開基となり、1191年(建久2年)創建した寺と伝えられる。以後この寺は志水氏の菩提寺となった。1546年(天文15年)には後奈良天皇祈願所となっている。また、徳川家康の側室お亀の方尾張徳川家の祖徳川義直の生母)は志水氏の出身であることから、江戸幕府から朱印状を得た。
なお、八幡市八幡高坊にある八角堂は現在正法寺の境外仏堂となっているが、八角堂は建保年間(1213年~1219年)石清水八幡宮の社家善法寺祐清が石清水八幡宮の境内に建立したもので、のちに大破して慶長12年(1607年)、豊臣秀頼によって再建された。明治維新神仏分離に伴い現在の西車塚古墳上に移されたものである。

参道・wikipedia-photo

正法寺 (八幡市) 庭園と本堂・wikipedia-photo

2019年4月に公開された修復後の八角堂・wikipedia-photo

  (wikipedia・正法寺_(八幡市)より)]

都名所図会」・「巻之五 前朱雀再刻 志水正法寺 (正法寺)」、「巻之五 前朱雀再刻 徳迎山正法寺 (正法寺)解説
志水正法寺 (正法寺)(拡大図)

徳迎山 正法寺 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が正法寺参道です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*