神足墓地石仏群

マーカーは神足墓地石仏群です。

神足墓地石仏群
[JR長岡京駅西口から西国街道を南に行き、歩いて 5,6 分ほどで見かける案内板。その案内板を辿り、到着するのが、神足・古市共同墓地。この墓地の中に神足石仏群はあります。
江戸末期、死後の恐怖から逃れたい庶民信仰から造られたと伝えられています。
墓地を入ってすぐ右手にあるのが、六体のお地蔵さん(六地蔵)。死後の世界(六道)に現れて死者の生前の苦悩を取り除く仏と言われています。
入口左側の一群は閻魔様を中心とした五王像。冥途で死者を裁くといわれる十王のうちの五体です。さらに墓地の奥には阿弥陀如来座像と釈迦如来座像の 2 体があります。
小学校に隣接し、かつては夏休み時の子供達の”肝試しスポット”でもあった(?)と伝え聞く神足・古市共同墓地は、今は明るく開放的です。  (「史跡紹介:神足石仏群 – 長岡京市観光協会のブログ – Goo ブログ」より)]

長岡京市 神足墓地石仏群 – 愛しきものたち – Goo ブログ」「長岡京 神足石仏群 六地蔵 – 京の都 – 戯れ言葉 – FC2

神足墓地石仏群 – Google Map 画像リンク

カメラ位置は西国街道で、カメラ西方向が神足墓地石仏群の参道で、参道左に案内標板があります。(Google Map)

カメラ北西方向が六地蔵で、六地蔵左に阿弥陀如来座像と釈迦如来座像の 2 体があります。また、カメラ西南西方向植え込みに五王像があります。