聴竹居

マーカーは聴竹居です。

聴竹居
[「聴竹居」は、竹中工務店に在籍していた故・藤井厚二が、1928年に京都府 大山崎町に建てた自邸です。
日本の気候風土と西洋的な空間構成を融合させた近代住宅建築の名作と位置付けられています。
日本の気候風土に合わせて自然の力を巧みに利用することで、環境との共生を図ると共に、日本人のライフスタイルに西洋的な空間構成を融合させた藤井の研究の集大成といわれる作品です。
藤井は、『一番身近な建築・住宅の理想形は、真に日本の気候・風土にあった、日本人の体に適している建築・住宅である』という考えのもと、日本の気候風土に適合した住宅の在り方を考察するために、自邸を実験住宅として建てていきました。
「聴竹居」でも様々な試みが行われています。
例えば、屋根裏を利用した換気や地下から冷気を取り込む仕組みなど、自然風の活用が試みられ、日本の夏を涼しく健康に暮らす工夫がなされています。
また窓や仕切りに円形のデザインを用いることで、視覚的に空間を楽しませる構成に仕上げられています。
聴竹居は、「一般社団法人聴竹居倶楽部」を通じて施設を公開しています。見学者には地元の方を中心に構成されているスタッフが建物をご案内します。見学を希望される場合は、以下聴竹居倶楽部のホームページ(http://www.chochikukyo.com/contact/index.html)の「問い合わせ先」から アクセスください。見学日は水、金、日曜日で、完全予約制となっております。  (「人と地域を未来へつなぐ「聴竹居」|竹中工務店」より)]

聴竹居(旧藤井厚二自邸) 本屋 文化遺産オンライン

日本の環境共生住宅の原点。戦前に建てられた藤井厚二『聴竹居』に豊かさを学ぶ

聴竹居|藤井厚二 ホームページ

聴竹居 – Google Map 画像リンク

カメラ南南西方向が聴竹居進入路です。