自玉手祭来酒解神社

マーカー位置は自玉手祭来酒解神社です。

自玉手祭来酒解神社
[自玉手祭来酒解神社(たまでよりまつりきたるさかとけじんじゃ)は京都府乙訓郡大山崎町にある神社。通称酒解神社(さかとけじんじゃ、さかときじんじゃ)。 天王山の頂上近くに鎮座する。式内社名神大)で、旧社格郷社大山祇神を主祭神とし、素盞嗚尊相殿に祀る。
元々の祭神は山崎神・酒解神で、出自は不明であるが橘氏の先祖神であると言われている。素盞嗚尊は、旧天神八王子社の祭神・牛頭天王を、神仏分離にともない改めたものである。
創建の由緒は不詳であるが、養老元年(717年)建立の棟札があることから奈良時代の創建とみられている。旧名を山埼杜といい、現在の離宮八幡宮の地に祀られていた。平安時代延喜式神名帳には「山城国乙訓郡 自玉手祭来酒解神社 元名山埼杜」と記載され、官幣名神大社に列し、月次祭新嘗祭幣帛に預ると記されている。
その後、自玉手祭來酒解神社の祭祀は途絶え、明治時代まで所在がわからなくなっていた。現在の自玉手祭来酒解神社は、天王山の頂上近くに中世ごろよりあった天神八王子神(牛頭天王)を祀る「山崎天王社」であった。天王山は元は山崎山と呼んでいたが、当社にちなんで天王山と呼ばれるようになった。明治10年6月、山崎天王社が式内・自玉手祭来酒解神社であるとされ、自玉手祭来酒解神社に改称した。現在の祭神・大山祇神はそのときに定められたものである。
神輿庫は国の重要文化財に指定されている。
自玉手祭来酒解神社・wikipedia-photo

  (wikipedia・自玉手祭来酒解神社より)]

都名所図会」・「巻之四 右白虎再刻 八大天王 (大山崎天王の社)」、「巻之四 右白虎再刻 大山崎天王の社解説

酒解神社 – Google Map 画像リンク

自玉手祭来酒解神社参道口の鳥瞰カメラです。

自玉手祭来酒解神社参道口のカメラです。

自玉手祭来酒解神社参道口(google Map 画像)

自玉手祭来酒解神社(google Map 画像)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*