長岡京跡(長岡宮大極殿跡・小安殿跡)

マーカーは大極殿公園です。

長岡京跡
[長岡京(ながおかきょう)は、 784 年(延暦 3 年)から 794 年(延暦 13 年)まで山城国乙訓郡に存在した日本の首都。現在の京都府向日市長岡京市京都市西京区にあった。
長岡京は桓武天皇命により、平城京から北へ 40 km の長岡の地に遷都して造営され、平城京の地理的弱点を克服しようとした都市であった。長岡京の近くには桂川宇治川など、 3 本の大きな川が淀川となる合流点があった。全国からの物資を荷揚げする港「山崎津」を設け、ここで小さな船に積み替える。そこから川をさかのぼると直接、都の中に入ることができた。長岡京にはこうした川が 3 本流れ、船で効率よく物資を運ぶことができ、陸路を使わざるを得なかった平城京の問題を解消できた。
発掘調査では、ほぼ各家に井戸が見つかっていることから、そこに住む人々も豊かな水の恩恵を受けていたと言える。平城京で問題となっていた下水にも対策が立てられた。道路脇の流れる水を家の中に引き込み、排泄物を流すようになっていた。長岡京の北西で湧いた豊かな水は、緩やかな斜面に作られた都の中を自然に南東へ流れ、これによって汚物は川へ押し流され、都は清潔さを保っていた。
桓武天皇は自らの宮殿を街より15mほど高い地に築き、天皇の権威を目に見える形で示し、長岡京が天皇の都であることを強調した。
続日本紀」に桓武天皇とその側近であった藤原種継のやり取りが記されている。「遷都の第一条件は物資の運搬に便利な大きな川がある場所」とする桓武天皇に対し、種継は「山背国長岡」を奏上した。長岡は種継の実家があり、支持基盤がある場所でもあった。その他の理由として、
●既存仏教勢力や貴族勢力に距離を置く
●新京の周辺地域をおさえる、帰化人勢力との関係
●父の光仁天皇の代から天智系に皇統が戻った事による人心一新
等の説がある。 784 年(延暦 3 年)は甲子革令の年であり、桓武帝は天武系とは異なる天智系の天皇であった。
785 年(延暦 4 年)の正月に宮殿で新年の儀式を行ったが、これは都の建築開始からわずか半年で宮殿が完成していたことを意味する。その宮殿建設では、反対勢力や遷都による奈良の人々への影響を意識した段取りをする。当時、宮殿の建設では元あった宮殿を解体して移築するのが一般的であったが、平城京から宮殿を移築するのではなく、難波宮と長岡京は淀川で通じていることから、難波宮の宮殿を移築した。また、遷都の際に桓武天皇は朝廷内の改革に取り組み、藤原種継とその一族を重用し、反対する勢力を遠ざけた。
しかし、同年 9 月に造長岡宮使の種継が暗殺された。首謀者の中には、平城京の仏教勢力である東大寺に関わる役人も複数いた。そして桓武天皇の皇太弟早良親王もこの叛逆に与していたことが明らかにとなり、親王は配流先で恨みを抱いたまま死去する。親王の死後、日照りによる飢饉・疫病の大流行や皇后皇太子の発病など様々な変事が起こったことからその原因を占ったところ、早良親王の怨霊に因るものとの結果が出て親王の御霊を鎮める儀式を行う。しかし、その 2 ヵ月後の大雨によって都の中を流れる川が氾濫し大きな被害を蒙ったことから、和気清麻呂の建議もあって遷都僅か 10 年後の 794 年(延暦 13 年)に平安京へ遷都することになる。
長岡宮跡 – 京都府向日市鶏冠井(かいで)町・wikipedia-photo  (wikipedia・長岡京より)]

[昭和 37 ( 1962 ) 年に発掘された長岡宮大極殿跡(だいごくでんあお)とその後殿(小安殿)跡は,史跡公園として整備され「大極殿公園」と呼ばれています。阪急西向日駅の北約 300 メートルで国指定史跡。
 この公園に立っている「長岡京大極殿遺址」と記した石碑は,明治 28 ( 1895 ) 年に現在地の北に建てられたものですが,その後の発掘結果から現在地に移建されました。
 大極殿跡の近くには,内裏内郭築地跡朝堂院西第四堂跡築地跡などがあり,国の史跡に指定され,史跡公園として整備されています。  (「都市史02 長岡京 – 京都市」より)]

長岡宮大極殿跡・小安殿跡
[大極殿は政務や儀式の際、天皇が臨御する場です。瓦ぶきで礎石の上に朱塗りの柱が立つ、都でもっとも立派な建物でした。
長岡京に都を遷して初めて迎える延暦 4 年( 785 年) の元旦、大極殿の前に7本の宝幢(ほうどう=のぼり旗)がそびえ、儀式が行われました。大極殿跡には宝幢の柱が復元されています。  (「長岡京跡へ行く/京都府向日市ホームページ」より)]

[桓武天皇が政治を司ったところが大極殿(だいごくでん)です。
小安殿(しょうあんでん)は、大極殿の後ろの建物を意味し後殿(こうでん)とも呼ばれています。
昭和 39 年( 1964 年)に国の史跡に指定され、現在、大極殿公園として市民の憩いの場となっています。
毎年、 11 月 11 日には長岡京遷都を記念して大極殿祭が行われます。  (「長岡宮大極殿跡・小安殿跡」より)]

長岡宮跡 – Google Map 画像リンク」「大極殿公園 – Google Map 画像リンク

カメラ位置は大極殿公園で、カメラ南西方向に史蹟長岡京跡碑があります。また、カメラ南方向に大極殿跡に復元された宝幢の柱があります。

カメラ位置は大極殿公園南口で、カメラ北北東方向に大極殿跡に復元された宝幢の柱があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*