長岡京跡(内裏内郭築地回廊跡)

マーカーは内裏公園(内裏内郭築地回廊跡)です。

内裏内郭築地回廊跡
[北真経寺の境内から南にかけて、160メートル四方の広さを持つ内裏の区画がありました。
内裏とは天皇や皇后たちの住まいで、現在の皇居にあたります。周りは警備のため内と外に屋根付きの通路がある厳重な塀で守られていました。
北西コーナー部分の塀の柱跡が、公園のなかに復元されています。  (「長岡京跡へ行く/京都府向日市ホームページ」より)]

長岡宮内裏内郭築地回廊跡
[天皇の住居が内裏です。内裏は、朝堂院の真北に位置し、門を共有するなど、一体となっているのが普通でした。
しかし、昭和 41 年( 1966 年)、朝堂院東方 200 メートルの位置から中央に土塀を設け、両側に廊下を通す特異な構造の施設築地回廊が発見されました。
この築地回廊は、天皇を警護するために造られた廊下で、ここを兵衛たちが巡回したと思われます。
昭和 48 年( 1973 年)に国の史跡に指定され、現在は公園として整備されています。  (「長岡宮内裏内郭築地回廊跡/京都府向日市ホームページ」より)]

内裏公園 – Google Map 画像リンク

カメラ北北東方向が内裏内郭築地回廊跡がある内裏公園です。