長岡京跡(長岡宮朝堂院西第四堂跡)

マーカーは朝堂院公園(長岡宮朝堂院西第四堂跡)です。

長岡京跡(朝堂院跡)
[朝堂院は、大極殿の南側に東西4堂ずつ、あわせて8堂が並び立ち、貴族や役人が勢ぞろいして政治を執り行う場所です。
夜明けとともに荘厳な楼閣が左右にそびえる南門が開き、大勢の役人たちが朝堂院へと出勤しました。  (「長岡京跡へ行く/京都府向日市ホームページ」より)]

長岡宮朝堂院跡
[朝堂院(ちょうどういん)は、宮の中心にある国家の政務・儀式を行う場所です。
朝堂院は南北に長く、長方形と正方形を重ねた形をしています。北側の長方形の区画を大極殿院、南側の正方形の区画を朝堂院と呼びます。長岡京時代の朝堂院は、東西に 4 つずつ、計 8 つの建物がありました。ここは、西側の一番南の 4 番目の堂にあたることから、朝堂院西第四堂といいます。
長岡宮の役所は、朝堂院、内裏、諸官庁と大きく分けられ、朝堂院は宮の中央にあって国家的な儀式を行う場所で、ちょうど今の国会議事堂に相当します。
西第四堂跡は、昭和 57 年( 1982 年)の発掘調査により確認されました。平成 4 年( 1992 年)に国の史跡に追加指定され、現在は、公園として整備されています。  (「長岡宮朝堂院跡/京都府向日市ホームページ」より)]

朝堂院公園 (長岡宮朝堂院西第四堂跡 ) – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が長岡宮朝堂院西第四堂跡とされる朝堂院公園です。