長岡京跡(長岡宮築地跡)

マーカーは長岡宮築地跡です。

長岡宮築地跡
[築地跡は、幅 2.1 メートル、高さ約 4.5 メートルの瓦葺きの土塀跡が、約 80 メートルにわたって発見されたところです。
現在は地下に埋もれている長岡京の遺跡のなかで、ただ 1 か所、地上に残された都の痕跡です。  (「長岡京跡へ行く/京都府向日市ホームページ」より)]

長岡宮内裏内郭築地回廊跡
[天皇の住居が内裏です。内裏は、朝堂院の真北に位置し、門を共有するなど、一体となっているのが普通でした。
しかし、昭和 41 年( 1966 年)、朝堂院東方 200 メートルの位置から中央に土塀を設け、両側に廊下を通す特異な構造の施設築地回廊が発見されました。
この築地回廊は、天皇を警護するために造られた廊下で、ここを兵衛たちが巡回したと思われます。
昭和 48 年( 1973 年)に国の史跡に指定され、現在は公園として整備されています。  (「長岡宮内裏内郭築地回廊跡/京都府向日市ホームページ」より)]

カメラ南東方向が長岡宮築地跡です。