川尻酒造場

マーカーは川尻酒造場です。

川尻酒造場
[当蔵は江戸末期天保10年(1839)創業。
1970年代には糖類、調味液の使用、桶売り(大手の下請)を全廃し以降、コクのある酒質にこだわり、数年の貯蔵期間を置く熟成古酒に特化して今日に至る、飛騨で唯一、個人経営の蔵元です。
当店の酒造りは、昔ながらの手造りを主体としたものです。おり酒以外は全て数年間、蔵内で貯蔵熟成させた熟成古酒です。酒のコクを構成する五味がまろやかに調和し日本酒本来の味となっております。酒のコクにより 相当辛口であっても 離れた辛さを感じません。このような酒を造るには良い原材料を選び丁寧に処理し基本に忠実に仕込むことに尽きます。その為純米酒から普通酒まで全て 地元の米を使用し自家精米、かけ米は甑と和釜で蒸し、自然の冷気にさらしてゆっくりと冷やしていきます。こうすることで理想的なもろみ経過が得られるのです。こうして得られた酒は、新酒で飲む淡麗な酒質とは違い、搾った直後はあらい感じの味です。これがゆっくりとした熟成によって、やがてまろやかな旨味に変化し、色は無色透明から琥珀色へと変わり、酒として完成します。
しかしながら、酒は嗜好品であり、万人に向くとは申せません。もしお口に合うようでしたら末永くご愛飲ください。  (「当蔵について – 川尻酒造場ホームページ」より)]

川尻酒造場 – Google Map 画像リンク

カメラ東方向が川尻酒造場です。

川尻酒造場蔵前のカメラです。