日下部民藝館

マーカーは日下部民藝館です。

日下部民藝館
[天領時代、日下部家は幕府(代官所)の御用商人として栄えた商家で、屋号を「谷屋」といいました。嘉永5年には、役所の御用金を用立てする掛屋〈かけや〉をつとめ、後には両替屋を営みました。
当時の邸宅は明治8年の大火で類焼、その4年後の明治12年(1879)に完成したのが、現在の建物です。
木の国飛騨の人々は元来建築技術に優れており、「飛騨の匠」と称されております。その「飛騨の匠」は現在に至るまで数多くのすばらしい建築物を生み出してきました。
当家の棟梁〈とうりょう〉は当時の名工、川尻治助、彼は自己の技量をこの家に傾注し、江戸時代の建築様式そのままの見事な住宅を造り上げたのです。
主家〈おもや〉は、切妻造り段違い二階建て、一部吹き抜けの総桧〈ひのき〉造り。梁〈はり〉と束柱〈つかばしら〉の木組みの力強い構成、屋根の勾配〈こうばい〉はゆるく、軒〈のき〉の出は深い。また家の正面表構えの出格子〈こうし〉、入格子、窓切りの変化、ベンガラに煤〈すす〉をまぜて、焦〈こげ〉茶色に塗った木部の仕上げ等、江戸時代高山の町家造りの特色を留めております。他に土蔵二棟があります。
昭和41年、明治建築の民家として初めて国の重要文化財に指定され、以後民芸館として一般に公開されております。  (「歴史 | 飛騨高山「日下部民芸館」」より)]

[明治12年に建築されたものです。いかにも雪国の民家らしく、低く深く、しかも重々しい軒。どっしりした構えの中に美しい出格子、隣り合う吉島家とともに明治以降の町家建築としては、初めて重文に指定されました。
豪快に組み上げられた梁組みと広い土間が表す空間美は、江戸時代そのままの技法を最大に生かした民家建築の集大成とも言える建築物です。
所在地 – 高山市大新町1-52
電話 – 0577-32-0072
営業時間 – 3月から11月:午前9時から午後4時30分、12月から2月:午前9時から午後4時
休日:12月1日から2月末まで 毎週火曜日(休日の場合は翌日の水曜日)   ※1月・2月不定休あり  (「日下部民藝館(国指定重要文化財)|高山市観光情報」より)]

日下部民藝館 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が日下部民藝館です。