荏名神社

マーカーは荏名神社です。

荏名神社
[荏名神社(えなじんじゃ)は、岐阜県高山市江名子町にある神社である。式内社飛騨国大野郡 荏名神社」の論社で、旧社格郷社
創建の由諸は不詳である。延喜式神名帳に「飛騨国大野郡 荏名神社」と記され、小社に列しているが、後に衰廃し、所在は不明となっていた。
文化12年(1815年)、高山の国学者田中大秀が、江名子町の稲置(いなき)の森にあった子安大明神を、「荏名」が「胞衣」(胎盤)と解されたためだとして式内・荏名神社に比定し、荏名神社に改称して再興した。明治4年9月に郷社に列格した。
なお、式内・荏名神社は江名子町4946荒神社に比定する説もある。
拝殿・wikipedia-photo

  (wikipedia・荏名神社より)]

荏野文庫土蔵|高山市

荏名神社 – Google Map 画像リンク

カメラ西方向が荏名神社参道です。

荏名神社神橋(Google Map 画像)

荏名神社境内鳥居(Google Map 画像)

荏名神社本殿(Google Map 画像)