飛騨国分寺

マーカーは飛騨国分寺です。

飛騨国分寺
[飛騨国分寺(ひだこくぶんじ)は、岐阜県高山市にある高野山真言宗の寺院である。山号は医王山(医は旧字体が正式)。
741年(天平13年)、聖武天皇により国分寺建立のが発せられ、757年(天平勝宝9年)頃、行基によって建立されたという。
819年(弘仁10年)、火災で焼失。855年(斉衡2年)ころ、再建される。
室町時代に本堂が再建されるが、詳しい時期は不明である。七重塔(現三重塔)に再建記録とほぼ同じと推測すると、応永年間に焼失後再建され、1585年(天正13年)、金森長近姉小路頼綱松倉城を攻めたさいの兵火で焼失する。この後、再建と考えられる。
1615年(元和元年)に三重塔が再建されるが、1791年(寛政3年)に暴風雨で倒壊。1820年(文政3年)再建されたのが現在の塔である。
1695年(元禄8年)、飛騨国天領となり、高山城が取り壊され、一部は飛騨国分寺に移築され、鐘楼門などに利用される。
庚申堂の横には2007年に「願掛けなでさるぼぼ」(石像)が設置され、古くなったサルボボ人形用の棚が設けられてあり、さるぼぼ人形の供養が行われる。
飛騨国国分尼寺は、国分寺の西約600m付近に建立されていた。跡地は辻ヶ森三社となっており、境内から金堂の礎石などが発掘されている。
重要文化財(国指定)
●国分寺本堂(室町中期)
●木造薬師如来坐像(平安時代) – 一木彫成。像高145.7センチメートル。
●木造聖観音菩薩立像(平安時代) – 伝飛騨国分尼寺本尊。像高204センチメートル。
●本堂(室町時代再建、安土桃山時代修復)
●太刀(小烏丸(こがらすまる)の太刀、伝高原諏訪城城主江馬氏家宝)
史跡(国指定)
●飛騨国分寺塔跡(奈良時代) – 七重大塔の心礎(心柱の礎石)、上面に径1.3メートルの円柱座と舎利孔がある。
天然記念物(国指定)
飛騨国分寺の大イチョウ – 推定樹齢1250年、幹周10メートル、高さ37メートルの大イチョウ。古来「乳イチョウ」と呼ぶ。
岐阜県指定重要文化財
●木造阿弥陀如来坐像(鎌倉時代) – 伝恵心僧都作。
●木造不動明王立像(鎌倉時代) – 護摩堂の秘仏。
●三重塔(文政4年再建) – 高さ22メートル余。
高山市指定文化財
●国分寺鐘楼門
●国分寺表門 附棟札
その他の文化財
弁財天像(江戸時代円空作)

山門・wikipedia-photo

鐘楼堂・wikipedia-photo

三重塔・wikipedia-photo

本堂・wikipedia-photo

大イチョウ・wikipedia-photo

  (wikipedia・飛騨国分寺より)]

飛騨国分寺ホームページ
飛騨国分寺境内図

飛騨国分寺 三重塔 – Google Map 画像リンク」、「飛騨国分寺 本堂 – Google Map 画像リンク」、「飛騨国分寺 – Google Map 画像リンク」、「国分寺大銀杏 – Google Map 画像リンク

カメラ北方向が飛騨国分寺参道です。

カメラ東北東方向が三重塔で、カメラ南西方向に鐘楼堂、その左方向に山門、カメラ西南西方向に大イチョウ、カメラ北北西方向に本堂があります。

カメラ北方向が飛騨国分寺本堂です。