飛騨高山まちの博物館

マーカーは飛騨高山まちの博物館です。

飛騨高山まちの博物館
[飛騨高山まちの博物館(ひだたかやままちのはくぶつかん)は、岐阜県高山市にある博物館である。
高山市を中心とした飛騨の歴史民俗資料約7万5000点を所蔵し、そのうち900点を常時展示する。展示品は高山城城主、金森氏に関する資料、円空仏や酒造りの資料、美術工芸品、高山祭からくり人形、庶民の生活道具の他、高山市片野町の糠塚遺跡から出土した縄文時代前期の縄文土器(浅鉢形土器大小一対)がある。
建物は1875年(明治8年)に建てられた旧永田家の檜造りの土蔵(旧酒蔵・旧文庫蔵・旧米蔵など)をそのまま使用している。高山市郷土館の土地、建物は、永田家からの寄贈を受けたものである。
2009年(平成21年)10月13日から、旧矢嶋邸跡地整備事業に伴い休館中であったが、名前もリニューアルし2011年(平成23年)4月11日に再オープンした。
開館時間
●展示室 9:00 – 19:00
●研修室 9:00 – 21:00
●庭園 7:00 – 21:00
休館日 無休(臨時休館有)
入館料 無料

旧永田家長屋門・wikipedia-photo

飛騨高山まちの博物館・wikipedia-photo

  (wikipedia・飛騨高山まちの博物館より)]

飛騨高山まちの博物館 – Google Map 画像リンク

カメラ東北東方向が飛騨高山まちの博物館です。